Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ポンド円とワイルダーと自分なりの解釈

クロス円を見ていると、スイス円が一番チャートの形がいいですね。

次にチャートの形がいいのは、中国が投資を発表したNZ円でしょうか。


逆にカナダ円などは下に抜けてもおかしくない形になっています。

クロス円はチャートがまちまちなので、円安円高で考えるよりも、個々の通貨ペアと考えたほうが良いような気がします。


GBPJPN_day_20110529.gif
画像はポンド円の日足チャートです。

反転を確認する方法はいくつかあります。

・ラインの上抜け
・ワイルダーの定義

ラインの上抜けは説明しなくても一目瞭然ですね。
4月8日の高値から引いたラインを上に抜けているかどうか、になります。

ワイルダーの定義は、下降トレンド中、前日の高値を当日の終値が上回ったら下降トレンド終了、と考えます。

私自身はもう少し広義に捉えていて、安値から一時反発した際の途中の高値を終値で越えたかどうか、を判断基準にしています。

そうすると、ポンド円は5月25日にトレンド転換した、となるのですが・・・さて。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif


スポンサーサイト


経済指標の第二波に乗る

今日は久しぶりに早く帰宅できたので(と言っても22時は回ってましたが(^^;)、トレードをする時間が取れました。

トレード手法はいつもと同じです。

・通貨ペアはユーロ円
・時間軸は15分足
・トレンドフォロー
・短期のブレイクアウト

箇条書きにするとこんな感じでしょうか。


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 115.04 05/26 22:56(成行)

ユーロ円 決済買い 114.73 05/26 00:55(成行)

+31pips

米新規失業保険申請件数&米GDP改定値での下げは、帰宅後の食事中だったので、さすがに取ることが出来ませんでした。

でも、第二波の下げには上手く乗れたようです。それに前回の30pips獲得とは違い、今回はちゃんと反発したのを確認してからの利益確定ですので、エグジットにも満足しています。


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 114.90 05/26 02:10(成行)

ユーロ円 決済買い 114.81 05/26 03:04(逆指値)

+9pips

15分足でボリンジャーバンドのセンターラインに跳ね返されたことからエントリーしたのですが、思ったよりも下げなかったので、建値決済気味に手仕舞いしました。

・・・というか睡魔に負けたというか(^^;

ユーロ円は時間足だと、まだトレンドラインを割れてないので、反発するか、それともこのままずるずると下げるのか微妙なところですね。

こういう方向感のない相場だと、スイングよりもデイトレのほうがやりやすいかもしれませんね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




全てのトレードはメンタルとの戦い

今週はトレード回数は2回でした。


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 114.66 05/17 02:01(成行)

ユーロ円 決済買い 114.83 05/17 02:44(逆指値)

-17pips

15分足のボリンジャーバンドのセンターライン割れ&直近の短期のサポートライン割れで売ってみました。その後、センターラインを超えて戻してきたので、ロスカットしました。

その後、ユーロ円は114.30円付近まで下げましたが、ポジションを取った理由が「ボリンのセンターライン割れ」なので、ロスカットは正しい判断だったと思います。

日足ベースで見ると、17日は大きな陽線ですので、売りと買いの方向が最初から間違っていたと考えるべきなのでしょうね。


<トレード記録>
ユーロ円 新規買い 115.47 05/18 02:18(成行)

ユーロ円 決済売り 115.77 05/17 02:41(指値)

+30pips

17日が大きな陽線で引け、18日も陽線を形成していたので、最初から買いでのエントリーを考えていました。


エントリー理由は上と全く同じです。

・15分足のボリンジャーバンドのセンターライン越え
・短期のレジスタンス越え


上手く取れたのは取れたのですが、エグジットを反省すべきでしょうね。

前回のトレードが損切りで終わったので、今回は確実に取ろうと思い、ローソク足を見ずに値幅で利益確定してしまいました。


短期トレードも、いや、短期トレードに関わらず、全てのトレードはメンタルとの戦いですね・・・

ユーロ円でのトレードが多いですが、他のチャートももちろん見ています。

ドル円、ユーロドル、ポンドドル、ドルスイスは毎日チェックしています。ただ、短期トレードするには、ユーロ円がなぜか私にはやりやすいようです。

しばらくは、ユーロ円に絞ってトレードしてみようかと考え中です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロ円の短期トレードで85pips

この一週間で、トレードしたのはわずか一回です。

いやあ、少ないですね(^^;


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 115.92 05/12 00:01(成行)

ユーロ円 決済買い 115.07 05/12 00:44(成行)

+85pips

結果的には、短期間で85pipsも取れているので、結果的にはナイストレードなのですが・・・


EURJPN_15min_20110516.gif
画像はユーロ円の15分足チャートです。

チャートを見てもらえれば、ポジションを持ったロジックは一目瞭然かと思います。

直近の安値を割れたこと、いわゆるブレイクアウトですね。
タートルズとは異なり、かなり短期のブレイクアウトですが・・・


しかし、相場をずっと見ていたら、5月11日の16:00頃に、確実に売りエントリーをしていたと思います。

しなかった理由は、仕事をしていて相場を見ていなかったから、だけですね。


こういうトレードをしていて、よく思うことは、最初のトレードタイミング(実際にはトレードしなかったのですが)で損切りになったとして、二回目のトレードタイミングで、同じロジックでエントリーできるかどうか、だと思います。

どんなに優れた投資手法でも、3回続けて損切りに引っかかれば、90%の人が止めてしまう、という話を聞いたことがあります。

今の短期トレード手法は、シンプルな手法ですがそれゆえに、資産を増やしていける可能性は高いと自分なりに確信しています。

しばらくはこの手法を続けていくつもりです。
例え3回、4回と続けて損切りになったとしても。


・・・・5回続けて損切りになったら止めようかな(^^;;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロドルと商品価格の急落

米雇用統計は事前予想を上回ったものの、失業率は予想よりも悪かったので、相場にはそれほど大きな影響はなかったようです。

ユーロドルは、日足でボリンジャーバンドのセンターラインを割り込んできました。

ギリシャのユーロ離脱のニュースが一因かと思われますが、ギリシャのユーロ離脱は現実的にはあり得ない、ので、このニュースだけでは、ユーロの下落は続かないと思います。

とはいえ、25日移動平均線も割り込んできていますので、チャート的には形はかなり悪くなってきています。

週足ではまだプラス1σの上に位置しているので、トレンド転換かどうかはまだ判別がむずかしいですね。

ここまで上昇してきた分の単なる調整のようにも思えますし、トレンド転換の兆しのようにも見えます。

金利面から考えると、ユーロは6月利上げは見送る可能性が高まったとはいえ、年内利上げの姿勢は崩していません。

・・・判断するにはもう少し時間が必要なようです。


個人的にはギリシャ云々よりも、商品価格の急落が気になります。

金や石油もそうですが、銀が2週間で30%以上、急落したそうです。

経済ニュースを拾い読みしていると、この下げ幅は過去30年ぶりであり、まさに暴落と言ってもよさそうです。商品価格が下がれば、買われる通貨はドル、ということになりそうですが・・・さて。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




気になるドル円のサイン

今日は相場全体で見るとドル買いの流れですね。

ECBのトリシェ総裁が、6月の金利引き上げを見送る可能性を示唆したことでユーロが売られています。


私が個人的に注目しているのは、ユーロではなくドル円です。その理由は、ドル円がある有名なサインを形成しつつあるからです。

買いサインなのですが、まだ方向的には明確に下なので、買ってもいいものか少し躊躇しています(^^;

短期トレードに徹する、と書いたばかりですし、日足ベースのトレードはしばらく様子見することにします。

サインは気になりますが・・・


ちなみにドルスイスでも、同様の買いサインが発生してる・・・かな?(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ポンドドルで40pips

先日、書いた短期トレードで40pipsほど取れました。

<トレード記録>
ポンドドル 新規買い 1.6508 05/02 00:12(逆指値)

ポンドドル 決済売り 1.6548 05/02 00:44(指値)

+40pips

以前はトレード枚数や金額を書いていましたが、これからは獲得pipsと詳細な時間を書くことにしました。


pipsを書くのは、安定してpipsを獲得できるようになれば、後は枚数を増やしていくだけて成績が上がるので。

詳細な時間を書くのは、後でチャートを見直したときにどういうトレードをしたか自分に分かるようにです。


しばらくはこのトレードを続けたいと思います(^-^)


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




短期トレードで毎日20pips

最近、短期のトレード手法を模索しています。

トレードそのものはしていないのですが、ずっとチャートとにらめっこしています。


例えば。

毎日30pips、いや、20pipsでも確実に取れるようになれば。


1万通貨単位で二千円。

10万通貨単位で二万円。

100万通貨単位二十万円。



まあ、100万通貨単位のトレードは現実的ではないとしても、10万通貨単位で毎日20pips取れれば・・・それだけで生活できます。

以上のようなことは、トレードしたことがある人は誰でも考えたことがあると思います(^^;


仕事が忙しくて、相場が見られないのは相変わらずですが、そうは言ってても成績は上がりません。

帰宅してから、短期のチャートで毎日20pips取るトレード手法がないものか、しばらく模索してみようと思います。


最後にちょっとだけ相場観を書きます(^^;

後で自分の相場観が合っているかをチェックするために。


ユーロドルは金曜日の日足ローソク足が陰線で終わりました。

はらみ足になっていることもあり、下に抜けた場合は日足のボリンジャーバンドのセンターライン付近まで下がると想定しています。

その場合、1.4500付近が一つのメドでしょうか。


上に抜けた場合は、1.5000という区切りのいい数字がメドになるかと思いますが、さて。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




Appendix

お勧めのFX会社さま

クリック証券【FX】
たろすけのメイン口座
約定率の高さもさることながら、取引ツール「はっちゅう君」が使い安くて重宝しています(^^)

スポンサードリンク



ブログ内検索

Extra

プロフィール

たろすけ

Author:たろすけ
1969年生まれ。関西在住。一児のパパ。プロフィール写真は生後6ヶ月の自分です(^^;
FX歴は2年弱ですが、株式などの他の投資経験が10年以上あります。スイングトレードでまったりと資産を増やすことを目指しています。
コメント、相互リンク、トラバは随時歓迎します(^^)

最近の記事

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。