Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ユーロドルの週足をみると・・・

土曜日はFX業者さんがメンテナンスをするところが多いようです。
私が利用している業者さんも、土曜日はチャートを見ることができません(´Д`;

簡易チャートで複数の通貨ペアをざっくりと見てみたのですが、ユーロドルの週足をみると少し下げ止まり感が出ていまね。

先週までは5週連続で安値を更新していたのですが、今週は安値を更新していませんし、かろうじて陽線で引けたようです。もっともローソク足ではらみ足になっていますので、下げ止まったと考えるのではなく、抜けた方向についていくのがいいのではないでしょうか。

チャートの形が一気に悪くなったのがポンドですね。
ポンド円、ポンドドル、そして、ユーロポンドでも明確にポンドが軟調に推移しています。来週タイミングを見て売りたいところですが・・・

さて、今日もこれから出勤です(T_T)
いつも利用しているFX業者さんのメンテナンスが終わってから、じっくりと相場をチェックしようと思います。

スポンサーサイト


心が亡ぶ、と書いて

一昨日は仕事で帰宅が午前様、昨日は23時過ぎになりました。
心が亡ぶ、と書いて「忙しい」という言葉になる、と誰かが言っていましたが、心が亡ぶがどうかは別にしても、相場を見る余裕がなくなるのは確かですね(-_-;

クロス円は方向は明確に下、ユーロドル、ドルスイスはそれぞれ安値高値を更新していないので、短期の保ち合い中といったところでしょうか。

保ち合いと言ってもユーロドルなどでは上値が綺麗に切り下がってきていることや、ギリシャをめぐる不安が続いていることを考えると、ショートカバーに注意しながら戻り売りが無難という気がします。
今日は週末ですので、少し戻すかもしれませんが。

豪ドル円の売り指値は、レートから離れてしまったので取り消しました。
また、タイミングをみて参戦しようと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




豪ドル円の戻り売り狙い

今日はユーロの反騰、かと思えば、その後は大きく下落しています。
英中銀総裁が、必要なら量的緩和を拡大、という趣旨の発言をしたことがポンド売りの動きになり、ひいては欧州通貨売りにつながった、というニュースが携帯電話に届いていましたが・・・

英格付けの変更リスクない、必要なら量的緩和再開


ユーロドル、ポンドドルともに高値を更新後に、安値も更新する激しい動きになっていますね。こういう相場は取れる人は取りやすかったのではないでしょうか。

私は見ているだけでしたが(^^;


ドル円も日足のトレンドラインを割れてきたので、次は2月4日の安値である88.55円を割り込むかどうかに注目しています。

クロス円もチャートの形が一気に悪くなってきたものが多いので、戻りを売ろうかと考えています。今日に限って言うと、豪ドル円が下げ幅が大きいので戻りを売るのがおもしろいかもしれません。


<現在の指値>
豪ドル円 新規売り 1万 81.88(指値)

とりあえず豪ドル円に売り指値を入れてみました。
82.80円を明確に上に抜いてきたらロスカットの予定です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドル円の高値安値を見て判断

ドル円のチャートをいくら見てもよく分かりません。
いや、チャートを見て、為替がどちらに動くか簡単に分かったら、今頃億万長者なのですが(^▽^;


USDJPN_day_20100223.gif
画像はドル円の日足チャートです。
表示期間は一年間です。

トレンドを判断する方法はいくつかありますが、もっとも簡単な考え方は、高値(安値)を更新しているかどうか、です。

上昇トレンドの場合は直近の安値を割り込むことはなく、高値を更新していくことになります。
下降トレンドの場合は直近の高値を超えることはなく、安値を割り込んでいくことになります。


いわゆるダウ理論なのですが、この理論で考えると、今のドル円は買い転換した可能性が高いと言っていいかと思います。
ただ、1月の高値である93円後半を超えてこないと明確な上昇トレンドとは言いにくい展開です。

このまま下がって、2月の88円ミドルを割り込めば、短期の下降トレンド突入ということになります。仮に下がっても88円ミドルを割り込まずに反転すれば、三角保ち合いに突入というところでしょうか。

上記したように、93円後半を超えてくれれば、一番分かりやすい展開なのですが・・・


ちなみに私は今日も様子見です(^^;
自信がないときはやらないということで・・・

まあ、自信があってもよく負けるのですが(^▽^;;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロ円の分析をしつつも様子見

ドル円は200日移動平均線でいったん頭を抑えられ、クロス円は豪ドル円やカナダ円が好調、ポンド円はチャートの形が悪くユーロ円は微妙、という感じでしょうか。


EURJPN_day_20100222.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。

まず、インディケーターで判断すると、RSIが底値圏から上昇し、MACDもクロスして上昇しています。ただ、RSIは50以下ですし、MACDもゼロラインより下で推移していることから、まだ上昇トレンドではないとも判断できます。

次にトレンドラインですが、1月初旬の高値から引いたラインは上に抜けてきました。ただ、直近の値動きは底値から反転しているようにも、下落途中のフラッグのようにも見えます。

日足ベースでは底値が切りあがってきていますので、買いでエントリーするのがいいと思います。
2月5日の安値を切ってきたら、売り転換でしょうか。


私自信は先週末に引き続き様子見です(^^;
ユーロドルを買おうかどうか迷っていますが、先週末の上昇はショートカバーの可能性もあるので、もう少しユーロの反転を見極めてから、と考えています。

最近、為替のアナリストの方達が、ユーロの景気は米国よりも悪い、と口をそろえて発言するようになったので、ドル高もそろそろ終わりかもしれないですね(^^;;;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロドル、方向は下向きだが・・・

金曜日は、朝方のサプライズ的な公定歩合の引き上げで、ドルが買われる展開になりました。
ただ、ユーロドルを見ると終値で大きく戻して引けています。


EURUSD_day_20100221.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。

方向は明確に下向きなので、トレードするなら戻り売りがいいと思います。
ただ、チャートを見る限りではそれほど下値があるとも思えません。

日足RSIがダイバージェンスしていますし、週足RSIを見ても反発がありそうです。もっとも、それを取りに行くのは難しいと思いますが(^^;


個人的には金曜日はノートレードでした。
為替レートは携帯電話でチェックしていたのですが、仕事の納期と重なっていたので・・・月曜日からまた参戦しようと思います。

でも、来週月曜日って珍しく指標発表がほとんどない日なんですよね。
あまり動かないかもしれませんね。

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




米公定歩合の引き上げとポン円のロスカット

今日はまず、このニュースでしょう。

米FRBが公定歩合を0.75%に引き上げ、貸出制度を一段と正常化

FRBが公定歩合を0.25%引き上げました
これで、今日発表される消費者物価指数が上昇したりすると、米国が政策金利を引き上げるのも時間の問題というところでしょうか。


USDJPN_day_20100219.gif
画像はドル円の日足チャートです。
表示期間は1年間です。

下向きの要因としては、200日移動平均線が92円台前半に、そして上値のトレンドラインが92円台後半にあります。

逆に上向きの要因は、チャートパターン的に逆三尊を形成する可能性があることや、去年の10月から高値安値ともに切り上げてきていることでしょうか。


<トレード記録>
ポンド円 新規買い 1万 142.60 02/17(成行)

ポンド円 決済売り 1万 141.69 02/18(逆指値)

損益 -9,100円

私自身のトレードはダメダメでした(^^;
昨日、発表された英経済指標が悪かったようで、あっさりとロスカットに引っかかりました。
結果論ですが、クロス円よりも素直にドル円を買ったほうが良かったですね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif





米指標結果を受けクロス円堅調。ポン円買い

今日はドル円、クロス円は堅調と言っていい流れですね。

米国の経済指標の結果が良かったことや、スペインの15年債の入札結果が良かったことが原因のようです。

スペインの15年債に高い需要、ユーロ圏周辺国への懸念和らぐ


朝にクロス円を買おうかどうか迷った末に見送ったのですが、買っておけばよかったですね、って、これはいつものタラレバですが(^^;


<現在のポジション>
ポンド円 新規買い 1万 142.6 02/17(成行)

遅ればせながら1ポジだけポンド円を買ってみました。
ちょっと乗り遅れた感もするので、下がるようなら早めに切ろうと考えています。

今日は仕事で帰りが午前様になったので、短いですがこの辺で(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




オージードルの利益確定と三角保ち合い

昨日の為替市場は欧州&オセアニア高、ドル安円安に動いています。
ギリシャ救済については、まだまだ不透明感が強いようですが、いったん反発というところでしょうか。

保有していたオージードルは利益確定しました。


<トレード記録>
豪ドルドル 新規買い 1万 0.8848 02/12(指値)

豪ドルドル 決済売り 1万 0.9008 02/17(指値)

損益 14,422円

区切りのいい数字である0.9000ではいったん頭が重くなるだろうと思い、利益確定しました。pipsで考えると160pipsほどでした。


豪ドルドル 新規買い 1万 0.8918 02/16(逆指値)

豪ドルドル 決済売り 1万 0.8998 02/17(指値)

損益 7,216円

後から逆指値で持ったポジも利益確定しました。こちらは0.9000手前に指値を入れておきました。pipsだと80pipsですね。


AUDUSD_day_20100217.gif
画像は豪ドルドルの時間足チャートです。

三角保ち合いには、保ち合いの中で5波動が形成される、というのが教科書的な考え方になります。しかし、現実の為替では確実にそうなるわけでもありません。

波動にこだわらずにサポートラインとレジスタンスラインを引き、どちらかに抜けた方向についていく、というトレード手法がいいかと思います。

今回の豪ドルドルの三角保ち合いは、サポートは分かりづらいものの、レジスタンスは明確でしたので、レジスタンスを上抜けでポジションを持ちました。

0.9000付近で利益確定したのは、区切りのいい数字であることと、三角保ち合いは抜けたあとに、保ち合いの幅だけ動く可能性が高いからです。


さて、新しい指値を入れようかどうか迷いましたが、少し様子を見ます。ドル円やクロス円は買ってもいいようなチャートですが・・・


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




RBA議事録前に豪ドルを1ポジ利食い

保有していたオージードルですが、とりあえず1ポジだけ利益確定しました。今日はRBA議事録の発表がありますので・・・


<トレード記録>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.8848 02/12(指値)

豪ドルドル 決済売り 1万 0.8898 02/15(指値)

損益 4,494円

直近の高値が0.8900付近でしたので、区切りのいい数字だしその辺りまでの上昇はあるだろう、と考え指値を入れておいたところ、欧州時間にヒットしたようです。


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規買い 1万 0.8848 02/12(指値)

もう1ポジは保有中です。議事録が追加利上げを探る内容なら、もう少し上値はあると思いますが・・・


<現在の指値>
豪ドルドル 新規買い 1万 0.8918(逆指値)

オージードルにさらに買い指値を入れてみました。
時間足チャートを見ると、三角保ち合いを形成しているようですので、それを上抜ければ、もう少し上値が見込めると判断しました。

もし約定すれば、昨日利益確定したレートより高いレートで買うことになりますが(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロドルの日足RSIのダイバージェンス

昨日はローソク足だけでドル円を分析しましたが、今日はインディケーターでユーロドルを自分なりに分析してみます。


EURUSD_day_20100215a.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。

直近のRSIが強気のダイバージェンスを示唆しています。
チャートにはありませんが、ADXも高値圏から下落しており、RSIと合わせると、下落の勢いが落ち着いてきたことがわかります。

ちなみにRSIは週足だと14付近とかなり低い位置にあります。週足のRSIは信頼性が高いと言われていますので、そろそろ反発があってもおかしくないですね。

トレンドが変わるかどうかは分かりませんが・・・


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.8848 02/12(指値)

豪ドルドルは週をまたいで保有中です。
先週書いたように、1ポジは早めに利食いたいところですが・・・


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドル円4時間足のサポートとレジスタンス

週末は日足や週足などの中長期のチャートをチェックすることが多いのですが、今日はちょっと気分を変えて、ドル円の短期のチャートを取り上げてみます。


USDJPN_4hour_20100214.gif
画像はドル円の4時間足チャートです。

今回は全てのインディケーターを消してあります。
素のチャートであるローソク足だけのチャートにサポート、レジスタンスのラインだけを引いてあります。

考え方は簡単で、ラインを抜けたときに抜けた方向にポジションを持つ、というものです。

サポートのラインを抜けたら売り。
レジスタンスのラインを抜けたら買い。

ドル円は今は短期のサポートラインを割り込まずに底堅く推移していますが、このサポートラインを割り込んだら売り、93円台から引いたレジスタンスラインを上に抜けたら買い、と単純に考えています。

ま、ラインを抜けてもすぐに戻っちゃったりすることもありますが(^_^;;;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




独&欧州のGDPは悪かったが・・・

今日は重要な経済指標が複数ありました。

独&欧州のGDPは事前予想を下回り、米小売売上高は事前予想を上回りました。

これだけなら欧州通貨売りドル買いになりそうですが、米国のもう一つの経済指標、ミシガン大消費者信頼感指数が事前予想を下回ったため、ドル買いに少し歯止めがかかった形になっています。


ポンドドル、オージードルなどは前回の安値を切っていませんが、ユーロドルは5日の安値を切ってますね。ドルスイスも高値を更新していますし、まだ流れはドル買いと認識しておくべきでしょうか。


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.8848 02/12(指値)

指値を入れておいたオージードルは、欧州時間に約定メールが携帯電話に届きました。もう少し指値を辛くしても届いてましたね。まあ、結果論ですが(^^;

オージードルは、日足ローソク足で見るとはらみ足になっています。時間足で見たトレンドラインもまだ割り込んではいないので、しばらくポジションは保有するつもりです。

ただ、来週は火曜日にRBAの議事録の発表があります。
利上げを見送った会の議事録ですので、できれば、そのときまでに1ポジは手仕舞いたいところですが、上手く行きますかどうか(・_・)

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




オージードルの買い指値とユーロドルで200pips

あいかわらずギリシャ救済関連でニュースが飛び交ってますが、とりあえず、今日はスルーしておきます(^^;

今日は豪州の雇用統計の発表もあったのですが、失業率、雇用者数ともに事前予想を上回り、強い結果となりました。この結果を受け、3月に金利が引き上げられる可能性が高くなったと報じられています。

豪利上げ観測高まる、予想外に強い1月雇用統計で


AUDUSD_day_20100212.gif
画像は豪ドルドルの日足チャートです。
為替レートは200日移動平均線でサポートされ、5日移動平均線を上抜けしています。

また、RSIが底値圏から反転、ADXが高値圏から下落、MACDが買いサインを示すクロス間近、と買い要素がいっぱいですね。

ユーロドルのチャートをみると、ドル売りのポジを持って良いのか悩みますが、オージードルだけのチャートで考えると買ってもよさそうです。


<現在の指値>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.8848(指値)

少し押したところを拾おうと考えています。


<トレード記録>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3798 02/10(指値)

ユーロドル 決済買い 1万 1.3598 02/12(指値)

損益 17,968円

ユーロドルは1.3600付近では一度反発するだろう、と考えて利益確定しました。
抜け幅は200pipsほどでした(^o^)

もう一度売りなおすかどうかは、明日のGDPを見てからが無難でしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ギリシャ救済で情報が錯綜

私は携帯電話に経済ニュースが届くように設定しているのですが、今日はギリシャ救済に関するニュースばかりでした。
それも情報が二転三転しているようで、


フランスのルモンド紙がドイツのギリシャ救済を報道

ドイツ当局者が救済を否定

ドイツがギリシャの国債購入など独自の救済策の検討

という順番でニュースが届きました。


情報が錯綜しているなあ、と携帯を手にしながらつぶやいていたら、次に届いたニュースは、

ギリシャ救済に関する情報が錯綜しているので、今後の展開に注意

というものでした( ̄□ ̄;

ま、こういうときは下手にニュースを追っかけないほうがいいかもしれませんね。


<現在のポジション>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3798 02/10(指値)

ポジションは昨日と変わらずです。
ユーロドルは日足ローソク足だとはらみ足になっています。昨日の高値も抜けてないし、安値も切っていません。

ギリシャ救済関連のニュースは気になりますが、とりあえずホールドしておくことにします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ギリシャ支援報道とユーロドルの売り

昨日、米国株式市場は大幅反発して引けました。

ニュースを拾い読みしていると、ギリシャ支援報道を好感して、とありますが、ECB理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、ギリシャ支援は不可能と発言しており、本当にギリシャ支援を材料視して買われたのかは疑問です。

ECB当局者がギリシャ支援不可能と再表明、他国への拡大を懸念


調べてみると、必要ならギリシャ支援があると確信している、と発言したのはポルトガルの財務相のようです。同じソブリンリスクが取りざたされているポルトガルの方ならば、ギリシャ支援を前向きに考えるのは当たり前かもしれません。

EU、必要ならギリシャ支援すると確信=ボルトガル財務相


為替市場は欧州通貨やオセアニア通貨が買われ、ドルや円が売られましたが、これはショートカバーの範囲内と言っていいと思います。

トレンドラインを明確に上に抜け、その後の調整で安値を切らなければ、また話は違ってきますが・・・


<現在のポジション>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3798 02/10(指値)

ユーロドルの売り指値がヒットしました。
タイミングを見て、もう1ポジ、売りを建てる予定です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




PIGS諸国とユーロ円

最近、経済ニュースを読んでいると「PIGS諸国」という言葉がちらほら出てきます。

昨年末辺りから出てきた言葉だと思いますが、この「PIGS諸国」とは、ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインを指す言葉で、欧州圏のソブリンリスクを指摘する言葉でもあるそうな。

こういう言葉がニュースで踊っている間は、投資家も積極的に買いづらいでしょうし、ユーロの浮上はなかなか難しいのかもしれませんね。


EURJPN_day_20100209.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。
表示期間は2年間です。

ユーロ円は過去1年間近く126-139円のレンジ相場を形成していました。
教科書的には、レンジ相場を抜けたときは、そのレンジ幅の分だけ動く可能性があります。

もちろん、すぐに下がるというわけではないでしょうし、ちょっとざっくりとした考え方ではあるのですが・・・


<現在の指値>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3798(指値)

指値は少し遠くなりましたが、もう少し様子をみます。
日足ローソク足でみると、ユーロドルは昨日ははらみ足になっていますので、本来なら抜けた方向についていくのがいいのですが・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




豪ドル円の76円とユーロドルの戻り売り

週末なので、いろいろとチャートを見ていたのですが、ドル円、クロス円は全て200日移動平均線を下回っていますね。

AUDJPN_day_20100208.gif
画像は豪ドル円の日足チャートです。
今回はチャート内の数字が見やすいように、あえてトレンドラインは引いていません。

豪ドル円はこの半年間、76円を割り込んでいないのですが、これをサポートと考えて良いかは微妙なところだと思います。

クロス円の代表格であるユーロ円が大きくサポートを割り込んでいることや、前記した200日移動平均線のことを考えると、76円台でいったん反発したとしても、そこはいい戻り売りの機会だと考えるべきでしょうか。


<現在の指値>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3798(指値)

指値はとりあえずユーロドルの戻り売りを狙うことにします。
IMMのポジションなどを見ると、ユーロ売りのポジションも積み上がっているようですので、戻りを売るのが安全かと。

1.3800付近で売ってみて、さらに上値があっても、もう1ポジ追加で売ってみることにします。

それよりさらに上値があったら・・・放り投げるということで(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




1月のトレード結果

株式市場には、節分天井、彼岸底、という言葉がありますが、今年はその言葉通りになりそうな雰囲気です。節分よりも少し早く下がり始めましたが。

米株式市場が持ち直せばまた展開も変わると思いますが・・・

さて、少し遅くなりましたが、1月の損益を計算してみました。


<1月の損益>
合計 10,825円
(スワップは計算していません)


・・・少ないですね(^^;
プラスのポジを上手く引っ張れなかったのが、利益が伸びなかった原因だと思います。勝ったり負けたりなのは相変わらずなので、あまり気にしてないのですが。

オバマ発言に惑わされず、ユーロドルや豪ドルドルの売りポジをもっと引っ張るべきでした。

トレンドは変わるよりも継続する可能性が高い、という言葉をかみ締めつつ、トレードに向き合おうと思います(-_-)




米雇用統計と週末のG7

金曜日に発表された米雇用統計は、強弱まちまちの結果となりました。

非農業部門雇用者数(米) 予想 1.5万人 結果 -2万人
失業率(米) 予想 10.0% 結果 9.7%


失業率は改善しましたが、雇用者数は事前予想に反してマイナスとなっています。また、前回値も-8.5万人から-15.0万人と下方修正されており、良いのか悪いのか判断に苦しむ内容だったのではないでしょうか。

米雇用統計:識者はこうみる


私自身は仕事の帰りが遅くなり、雇用統計に間に合いませんでした(^^;
帰宅後に食事をしながらユーロドルを見ていたのですが、発表直後は上昇したもののその後は下に抜けて行ったので、参戦していても取れなかったと思います。

ちなみに米雇用統計や失業率などの指標結果の推移は、外為どっとコムさんのサイトが便利です。
参考までにリンクを貼っておきます。

各国経済指標データ 2010年米国



さて、週末にはカナダでG7があります。
今回はフランスの当局者などから、為替について議論する、という発言もちらほら出ています。

G7で為替について話し合う可能性ある-フランス当局者


おそらくこの為替というのは、人民元を指すのだと思いますが、人民元の切り上げがあると、つられて円も買われる展開もありそうですが・・・

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~



米国株式市場が急落で円買い

昨日は英国と欧州の政策金利の発表があり、どちらも据え置きでした。

ですが、相場はそれよりも米国株式市場の急落に反応して、円高に動いています。以前に何度か書いていたリスク回避の円買いですね。

米国株式市場が急落したことで、VIX指数も急上昇しています。ただ、今晩には米雇用統計が控えています。それによって相場の雰囲気が一変するのか、それともこの流れが加速するのか、注目して見ておこうと思います。


<トレード記録>
ドル円 新規買い 1万 90.28 02/02(指値)

ドル円 決済売り 1万 90.29 02/04(指値)

損益 100円

保有していたドル円はほぼ建値決済で終わりました。1ポジ利益確定していてよかったというところです。


ドル円 新規買い 1万 90.48 02/04(指値)

ドル円 決済売り 1万 89.77 02/05(逆指値)

損益 7,100円

買い増し用に指値を入れていたドル円は、ロスカットで終わりました。


ドル円は時間足のトレンドラインを下に抜けてきています。しばらくは買いで入る予定だったのですが、米雇用統計も控えていますし、少し様子見することにします(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




しばらくはドル円の買いで

昨日は朝にブログを更新しようと考えていたのですが、寝過ごしてしまいました(^^;

為替市場は事前予想を上回ったADP雇用統計の結果を受けて、ドル買いに動いているようです。

1月米ADP民間雇用者数、08年2月以来の小幅減

これで、週末の米雇用統計もいい結果が出たりすると、ドル高に拍車がかかる展開もありそうです。


USDJPN_day_20100203.gif
画像はドル円の日足チャートです。
短期的な上値のレジスタンスを明確に抜けてきました。MACDはクロス、RSIは底値圏から反転、とインディケーターでもいくつか買いサインが出ています。

27日の安値をバックに買い参戦してもよさそうです。ただ、週末に雇用統計があるので、イベントリスクを避けたい場合は、雇用統計の結果を見極めてからでもいいかもしれませんね。


<トレード記録>
ドルスイス 新規買い 1万 1.0514 01/28(逆指値)

ドルスイス 決済売り 1万 1.0515 02/03(逆指値)

損益 84円

保有していたドルスイスは建値決済に引っかかってしまいました(T_T)
一時は1万円近い利益が乗っていたのですが・・・


ドル円 新規買い 2万 90.28 02/02(指値)

ドル円 決済売り 1万 90.98 02/03(指値)

損益 7,000円

指値を入れておいたドル円は91円手前で1ポジだけ利益確定しました。


<現在のポジション>
ドル円 新規買い 1万 90.28 02/02(指値)

もう1ポジは例によってできるだけ引っ張るつもりです。
ドルスイスみたいに建値決済になるかもしれませんが(^^;


<現在の指値>
ドル円 新規買い 1万 90.48(指値)

しばらくはドル円の買いでトレードしてみようと思います。
ユーロスイスなどもソーサーボトムになりそうな形なので、そろそろ買っても良さそうな気もしますが・・・


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドル円の買い指値とオージードル

今週は指標発表の多い週ですね。
豪、英、欧の政策金利の発表に加えて、週末には米雇用統計もあります。

政策金利が引き上げられそうなのは豪州だけですが、金利が引き上げられたから豪ドルが上がる、というわけではないのが為替市場の難しいところですね。

今後も継続的に利上げがある、というのなら、豪ドルは買われると思いますが・・・


AUDUSD_day_20100202.gif
画像は豪ドルドルの日足チャートです。

今日は大きな陽線ですが、5日移動平均線やトレンドラインを上に抜けていません。まだショートカバーの範囲内、といったところでしょうか。

買うならやはり、それらを上に抜けてからか、MACDのクロスを待ったほうがいいかと思います。豪ドルドルという通貨ペアは比較的トレンドが出やすいので、反転を確認してから買っても遅くないので。


<現在の指値>
ドル円 新規買い 2万 90.28 (指値)

ドル円に買い指値を入れてみました。
時間足で引いたサポートラインでの買いを狙ってみます。


<現在のポジション>
ドルスイス 新規買い 1万 1.0514 01/28(逆指値)

ドルスイスは昨日の高値を超えていないので、ホールドするかどうか迷いますね。
まあ、しょせん1ポジなので(^^;、もう少し引っ張ってみることにします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




週末は雇用統計&ドル円の分析

月初め、ということは今週末は米雇用統計がありますね。


USDJPN_day_20100201.gif
画像はドル円の日足チャートです。
1月27日の89円ローを底値に反転したようにも見えますが、トレンドラインだけで判断すると、まだ上値のレジスタンスを抜けたとは言えない状況です。

買いで入るなら、ボリンジャーバンドのマイナス1σ&トレンドラインを上に抜けてから入るのがいいかと思います。

ドル円以外なら、ユーロドルの戻り売りがよさそうです。
これだけ下がると、ショートカバーで反発しても、戻りを売る人も多いでしょうから。

n計算値で出した目標値だと下値はまだありそうですが、そこまで下がるというものでもないので、必ずストップは入れながらが鉄則でしょうか。


<現在のポジション>
ドルスイス 新規買い 1万 1.0514 01/28(逆指値)

ドルスイスは保有中です。
もう少し引っ張ってみます(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




Appendix

お勧めのFX会社さま

クリック証券【FX】
たろすけのメイン口座
約定率の高さもさることながら、取引ツール「はっちゅう君」が使い安くて重宝しています(^^)

スポンサードリンク



ブログ内検索

Extra

プロフィール

たろすけ

Author:たろすけ
1969年生まれ。関西在住。一児のパパ。プロフィール写真は生後6ヶ月の自分です(^^;
FX歴は2年弱ですが、株式などの他の投資経験が10年以上あります。スイングトレードでまったりと資産を増やすことを目指しています。
コメント、相互リンク、トラバは随時歓迎します(^^)

最近の記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。