Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




アドセンスな悩み

先日から、グーグルアドセンスを導入しようと四苦八苦しています。

アフィリエイトはほんの少し小遣い稼ぎ程度になればいいなあと考えいます。あまりにも広告が多いサイトだと、見る人もいい気持ちがしないと思うので。だから、最新記事の下だけとかに、ちょっぴり表示させたいのですが・・・

やり方がわかりません(@_@)

テンプレートに埋め込んだら、全ての記事に表示されてしまったので、先ほどいったん取り消しました。

どなたかいい方法をご存知でしたら、ご教授してくださいm(_ _)m

スポンサーサイト


ドルの上値はまだある

土曜日って、私の利用しているFX業者さんがメンテナンスで、チャートがチェックできないんですよね(-_-)

というわけで、今日はWebサイト上から、いつでもチェックできるドルインデックスを取り上げてみます。
ちなみに私が利用しているサイトはこちらです。

http://stockcharts.com/charts/
ドルインデックスだけではなく、NYダウやS&P、米国の各種大手企業の株価動向もチェックできるので、非常に便利です(^^)


USD_index_20090130.gif
画像はドルインデックスの日足チャートです。

以前にも書きましたが、上昇トレンド中のフラッグを形成した後に上に抜けてきました。トレンドの判断の分かれ目とも言われる200日移動平均線をも上に抜けています。

為替レートや株価の値動きはn波動に集約される、という一目均衡表の考えにそっくり当てはまるチャートの形になっていますね。

値幅観測に関しても、そのままn計算値を当てはめると、ドルの上値はもう少しあることになりますが、さて。


<現在のポジション>
ドルスイス 新規買い 1万 1.0514 01/28(逆指値)

ドルスイスの買いポジは保有中です。
米GDP・速報値もよかったので、ユーロドルの売りか、ドルスイの買いポジを増やそうかと考えていたのですが、昨日は睡魔に負けて、あっさり寝てしまいました(^o^;;

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~





ドル売りのトレード結果&明日は米GDP

ブログを見直していたら、一昨日のユーロドルの取引結果を記入し忘れていたのに気づきました。今日は最初にそれを最初に書いておきます。

このブログは私のトレード日誌を兼ねているので(^^;


<トレード記録>
ユーロドル 新規売り 2万 1.4097 01/27(成行)

ユーロドル 決済買い 2万 1.4064 01/27(成行)

損益 5,196円

今のレートから考えると、早すぎる利益確定のように感じてしまいますね(^^;


そして今日もオバマ大統領の演説が終わったのを確認してから、ユーロドルの売りで入ったのですが・・・


<トレード記録>
ユーロドル 新規売り 2万 1.4017 01/28(成行)

ユーロドル 決済買い 2万 1.4008 01/28(指値)

損益 1,651円

昼休みに携帯電話からポジションを持ったのですが、欧州時間はずっと含み損だったので、薄利で手仕舞いしてしまいました(^^;


<現在のポジション>
ドルスイス 新規買い 1万 1.0514 01/28(逆指値)


USDCHF_day_20100128.gif
画像はドルスイスの日足チャートです。

昨年12月17日の高値を明確に超えてきたので、買いポジを持ってみました。
直近の安値である1月11日の安値が、昨年11月26日の安値を大きく上回っていることを考えると、ドルスイスは上昇トレンドに転換した可能性が高いと言えます。

ただ、目先は200日移動平均線に頭を抑えられそうな気もしますが・・・


さて、明日は米GDP・速報値の発表があります。
以前にも書きましたが、米国のGDPは三回に分けて発表され、そのうちこの速報値が最も相場に大きな影響を及ぼします。

今のドルスイスの買いポジも明日の米GDP前に手仕舞いたいところですが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




FOMCでは一人の委員が反対票

注目の米FOMCですが、政策金利は据え置いたものの、ホーニグ委員が低金利政策に反対票を投じたことで、ドル買いの動きに繋がったようです。

米FOMCは金利据え置き、ホーニグ委員が反対票

米国の金利引き上げは、現実的にはまだまだ先になると思いますが、為替相場は現実に半年前後先行することを考えれば、明確なドル高要因と考えておいたほうが良さそうです。


ただ、今日は米オバマ大統領の一般教書演説があります。
先日の新規金融規制案がまた蒸し返されるようだと、ドル売りに繋がる可能性もあります。

米大統領、一般教書演説で法人税優遇の延長提案へ


ニュースを拾い読みした限りでは、演説の中身は雇用創出と財政再建が中心になるようですので、ドル買い方向でいいと思います。

オバマ大統領も、指導者として株式市場が下落するのは避けたいでしょうし、こういうニュースは二度目はマーケットに与えるインパクトは小さくなるでしょうから。

私自身は、イベントリスクを避けて(^^;、演説が終わってからポジションを持とうと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ニュースで乱高下の一日

今日はドル円、クロス円は乱高下の一日でした。

朝方に大型の投信の設定があったようで、ドル円、クロス円は上昇。
次に中国の預金準備率の引き上げ報道で、ドル円、クロス円が急落。
日本国債の格付け報道で、ドル円、クロス円は上昇。
そして、鳩山首相の「すぐに対策を講じるつもりはない」発言で、ドル円、クロス円が下落。

中でも、もっとも大きなニュースは、日本国債の格付け報道でしょうか。

日本国債格付け:識者はこうみる

国債の格下げは明確な円安要因なのですが、今のところ反応は一時的なようです。


EURJPN_day_20100127.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。
下値のサポートラインを割れてきました。

ボリンジャーバンドの幅が広がっていることや、日足MACDの角度、5日&20日移動平均線の向きなどを考えると、明確に下向きですね。

損切りしたユーロ円の売りポジを置いておけばよかったなあ、というと、タラレバになりますが、エントリーのタイミングはもう少し調整しておくべきでした。そうすれば、損切り注文にかかることもなかったかと。


<現在のポジション>
ユーロドル 新規売り 2万 1.4097 01/27(成行)

こちらは短期トレード用のポジションです。ユーロドルを売り直してみました。朝には手仕舞いしていると思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドル売りポジをいったん手仕舞い

昨日の晩、仕事から帰宅してコタツで寝ちゃったので、久しぶりに朝に更新(^^;

保有していたドル売りポジはいったん手仕舞いしました。


<トレード記録>
豪ドルドル 新規売り 1万 0.9165 01/20(逆指値)

豪ドルドル 決済買い 1万 0.9037 01/25(成行)

損益 11,273円


ユーロドル 新規売り 1万 1.4218 01/20(指値)

ユーロドル 決済買い 1万 1.4142 01/25(成行)

損益 6,767円


ユーロドル 新規売り 2万 1.4128 01/21(指値)

ユーロドル 決済買い 2万 1.4144 01/25(成行)

損益 4,708円

ユーロドルは追撃売りしたポジを、早めに利益確定しておけばよかったですね(-_-)


今でもドル買いで方向は間違ってないと思うのですが、ちょっと自信がなくなってきたので手仕舞いしました。迷ったときはポジションをスクエアにするということで。

ポンドドルなどはトレンドラインでいったんサポートされた形になってますし、今週はFOMCもあります。
それらの結果を踏まえつつ、また、タイミングをみてポジションを取ろうと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




しばらくは戻り売り狙い

オバマ大統領による金融規制を強化発言ですが、ニュースを読んだ限りでは、まだ不透明な印象を受けます。

米大統領の金融規制案、考えられる金融機関への影響のシナリオ

・銀行などのロビー活動により、規制が緩くなる可能性がある
・関連する海外金融機関などで取引を行うので大きな影響がない


他にも、顧客名義で、とか、持ち株会社で、など、いろいろと方法はあるでしょうから、それほど深く捉える必要はないのかもしれません。


考えないといけないのは、オバマ発言の中身よりも、それによる相場への影響、でしょうか。

Dow_IA_20100125.gif
画像はNYダウの日足チャートです。
今まで何度かサポートとして機能していた、50日移動平均線を大きく割れてきています。

以前なら、回避通貨として買われるのはドルと円でしたが、今回はオバマ発言が起因となっているので、買われるのは円ということになりそうです。

VIX指数も急騰していることを考えると、ドル円クロス円はしばらくは戻り売り狙いと考えておくことにします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




今日の記事は反省文

今日の記事は反省文です(-_-)
反省すべき点は2点あります。

まずは昨日のトレードから。


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 2万 126.55 01/22(逆指値)

ユーロ円 決済買い 2万 127.46 01/22(逆指値)

損益 18,200円

指値を入れていたユーロ円の売りですが、あっさりとロスカットになりました。

過去にブログで、明確なサポートがある場合のトレードは簡単だ、と書きましたが、そんなことはありませんでした。穴があったら入りたい気分です。

買い指値を残していたら、往復ビンタをになっていたので、それだけが救いでしょうか・・・


もう1点は、ポンド円のスクイーズとケーブルの短期トレードの記事で書いた、ポンド円のレンジブレイクを見逃したことです。

ポンド円をこまめにチェックして抜けた方向にポジションを持つ、
と書いておきながら、実践できていません。

ユーロドルの動向や、オバマ発言の相場への影響などに気を取られて、ポンド円を見過ごしていました。ちゃんと抜けたときにポジションを持っていたら、今頃、2-3円は取れていたのですが・・・

FXや株式投資をしていると反省の毎日ですね。
ただ、反省はしても後悔はせず、自分の分析したとおりに、淡々とトレードしていこうと思います。


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規売り 1万 0.9165 01/20(逆指値)
ユーロドル 新規売り 1万 1.4218 01/20(指値)
ユーロドル 新規売り 2万 1.4128 01/21(指値)


オバマ発言で、ユーロドルの下落が落ち着いた感があります。
ただ、テクニカル的にはまだ下向きですので、ドル売りのポジションは継続してみようと思います。

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




オバマ発言で戻すもユーロ売りドル買い継続

今日はユーロドルの追撃売りをしたのですが・・・オバマ大統領の新金融規制の発表で、NYダウが大幅下落、ドルが大きく売られています。

ユーロ売り、ドル買いをしていれば利益が取れる、分かりやすい相場だと思ったのですが・・・

オバマ米大統領「過剰なリスク行動抑制」 金融新規制案を発表

マーケットは、金融規制案が米大手金融機関の足かせになる、との見方のようです。


EURUSD_day_20100121.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。

チャートを見る限りでは、まだ下げ止まったとは言えない状況です。

日足ローソク足は下ヒゲが長くなっていますが、昨日の安値を割り込んでいますし、ボリンジャーバンドも幅が広がっている状態で、為替レートがマイナス2σに接しています。

ADXでは明確な売りサインですね。

マイナスのDIがプラスのDIを下から上に抜けたところを、ADXがさらに下から上に抜けています。


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規売り 1万 0.9165 01/20(逆指値)
ユーロドル 新規売り 1万 1.4218 01/20(指値)
ユーロドル 新規売り 2万 1.4128 01/21(指値)

オバマ大統領の発言で、ちょっと迷いましたが、ドル買いのポジションはホールドすることにします。


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 2万 126.56(逆指値)

ユーロ円は、ブレイクアウトの売りだけを狙うことにします。
すでにユーロ売りのポジがあるのに、ユーロ買いの指値を入れているのもどうかと思ったので。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロドルを携帯から成行売り

ユーロドルが明確に下に抜けてきました。

今日は米銀大手のバンク・オブ・アメリカの決算発表が事前予想を下回ったのですが、相場に影響はなかったようです。普段ならドル安になってもいい材料だと思うのですが、材料視されない、ということは、それほどユーロ売りの圧力が強い、と考えるべきなのでしょう。

米バンカメ第4四半期は予想超える赤字


私はお昼休みに携帯電話から為替レートをチェックしていたのですが、これは明確に下に抜けてきたな、と感じたので、成行で1ポジだけポジションを持ちました。

もう1ポジ持っていれば、というのは、いつものタラレバです(^▽^;;


<トレード記録>
豪ドルドル 新規売り 2万 0.9165 01/20(逆指値)

豪ドルドル 決済買い 1万 0.9105 01/20(指値)

損益 5,432円

豪ドルドルは1ポジだけ60pipsに利益確定の指値を入れていました。
もう1ポジは例によってできる限り引っ張るつもりです。


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規売り 1万 0.9165 01/20(逆指値)
ユーロドル 新規売り 1万 1.4218 01/20(指値)

ユーロドル、せめて2ポジ売っておけ(,_')☆\(-_-)


<現在の指値>
ユーロ円 新規買い 2万 126.98(指値)
ユーロ円 新規売り 2万 126.56(逆指値)


ユーロ円はさておき、ドル円を買おうか、ユーロドルを追撃売りするか、迷っています。
まあ、ドル売りのポジは2ポジあるし、迷ったときは様子見でしょうか(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロドルはフラッグを下抜けか

今日の相場を一言でいうと、ユーロ安、でしょうか。

英製菓大手キャドバリーの買収によるユーロポンドの下落や、独ZEW景気期待指数が事前予想を下回ったことが嫌気されたようです。

ユーロ下落、キャドバリー買収案受け入れでポンド上昇


EURUSD_day_20100120.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。
表示期間は3ヶ月です。

ユーロドルは下降トレンド中に形成されるフラッグではないか、という認識でしたが、そのフラッグを下に抜けてきたようです。

インディケーターを見ても、MACDが下向きですし、RSIが50を割り込んでいます。これで低位に沈み込んでいるADXが上昇し始めると、明確な下降トレンド入りということになりますが・・・

トレンドの分水嶺とも言われる200日移動平均線も割り込んでいますし、下値を拡大する可能性が高いと認識しておくべきでしょうか。


<トレード記録>
ドル円 新規買い 2万 90.87 01/19(成行)

ドル円 決済売り 2万 91.11 01/20(逆指値)

損益 4,800円

日足トレンドラインを明確に抜けてきたようですので、成行で買いました。
ポジションはもう少し引っ張るつもりだったのですが、逆指値を引き上げた途端に、ちょうどそれに引っかかってしまいました。

うーん、ちょっと引き上げるタイミングが早かったかも(-_-)


<現在の指値>
ユーロ円 新規買い 2万 126.98(指値)
ユーロ円 新規売り 2万 126.56(逆指値)
豪ドルドル 新規売り 2万 0.9165(逆指値)


豪ドルドルの売り指値を追加しました。
ユーロ円は届かないような気もしてきましたが、もう少し様子をみます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ポンド円のスクイーズとケーブルの短期トレード

米国が休日だと為替はあまり動かないですね。

今日のドル円の変動幅が40pipsちょっとですので、スキャルピングとかされている方にはやりにくい相場だったのではないでしょうか。

私もポンドドルの短期トレードをしてみましたが、あっさりロスカットに終わりました。
まあ、これは相場のボラティリティには関係なく私のトレード手腕によるものでしょう(T_T)


<トレード記録>
ポンドドル 新規売り 1万 1.6332 01/18(成行)

ポンドドル 決済買い 1万 1.6354 01/18(逆指値)

損益 2,027円


ポンドドル 新規買い 1万 1.6325 01/19(成行)

ポンドドル 決済売り 1万 1.6326 01/19(逆指値)

損益 90円


GBPUSD_4hour_20100119.gif
画像はポンドドル・・・ではなく、ポンド円の4時間足チャートです。

日誌代わりに、ポンドドルの短期トレードのチャートを載せようかと思ったのですが、ポンド円のチャートを見ていたら、綺麗なボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションがあったので。

ボリンジャーバンドの幅が狭まる(スクイーズ)と、為替レートがどちらかに大きく動き出す可能性が高くなります。

チャートのポンド円だと、三角保ち合いを形成しながら、ボリンジャーバンドがスクイーズするのが簡単に見て取れると思います。

最初のスクイーズでは下に、二回目は上に抜けてますね。今は三回目のスクイーズ中というところでしょうか。

これからしばらくは、ポンド円をこまめにチェックして、抜けた方向についていこうと思います(^ー^)


<現在の指値>
ユーロ円 新規買い 2万 126.98(指値)
ユーロ円 新規売り 2万 126.56(逆指値)


ユーロ円の指値はそのままです。
相場が動き出すであろう、明日以降に期待します。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif





ドル円、クロス円の下値は限定的?

今日も複数の通貨ペアを見ていました。

ユーロドルが下降トレンド中のフラッグを形成中、ドルスイスが上昇トレンド中のフラッグを形成中、と仮定すると、やはりドルが強くなるような気がします。


USD_index_20100118.gif
画像はドルインデックスの日足チャートです。
まだフラッグを形成中ですが、このフラッグを上に抜けてきたら、ドルストレートで素直にドル買いがいいのではないでしょうか。

IMMのポジションをチェックすると、豪ドルやカナダドルがドルに対して買いポジションが積み上がっているので、ひょっとすると豪ドルドルの急落なども、あるかもしれませんね。

まあ、フラッグを抜けてくれば、の話ですが(^^;


VIX指数もチェックしてみたのですが、2008年6月の水準まで下げてきています。
2008年の6月というとドル円は103-108円、ポンド円は203-213円くらいの時期ですね。

当時と状況が違うので、そこまで円安が進むかは分かりませんが、VIX指数が急騰するような大きな材料がないかぎり、クロス円は下値は限定的と考えておくことにします。

まあ、私の相場観は当たらないことが多いので、あくまでも参考程度にしていただければ(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




週末にはユーロ円に指値を

私は週末にいろいろな通貨ペアのチャートを見て、相場の雰囲気を掴む(って書くと何かプロっぽいな(^^;)というか、各通貨ペアの状況を確認します。


EURJPN_day_20100116.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。
表示期間は1年間です。

以前にも書きましたが、ユーロ円は126円後半から127円に明白な下値のサポートがあります。

こういう場合のトレード法は簡単ですね。

・サポートライン付近で反発を確認してから買い
・サポートラインを明確に割り込むのを待って売り


もちろん、サポートライン付近で買って、ラインを割り込んだらドテン売り、でもいいかと思います。

というわけで、週末ですが、指値をセットしてみました(^^)


<現在の指値>
ユーロ円 新規買い 2万 126.98(指値)
ユーロ円 新規売り 2万 126.56(逆指値)

サポートラインでの買いは、サポートラインでの反発を確認してから入るのがセオリーなのですが、そのときに相場を見られない可能性もあるので、セットしておくことにします。

指値にどちらも届かなかったときは、ご愛嬌、ということで(^^;


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




三連休の前の調整&豪ドルの分析

今日は円高、ドル高が進んでいますが、来週の月曜日が米国市場が休場で三連休となるので、その調整かもしれないですね。


AUDJPN_day_20100115.gif
画像は豪ドル円の日足チャートです。

まず、インディケーターだけで判断すると、RSIが高値圏から下落していて、MACD下向きでシグナルとクロス(まだ確実にクロスはしていませんが)していますので、有名な売りサインということになります。

ローソク足はチャートパターン的にヘッドアンドショルダーの可能性がありますが・・・少し崩れているので、なんとも言えないところです。

長期の移動平均線が上向きであることや、ボリンジャーバンドの幅と向き、そして、ファンダメンタルズ的に大きく円高が進む状況でもないことを考えると、売りで入ったとしても早めの利益確定がいいのではないでしょうか。


週末ですので、昨日入れた豪ドルドルの買い指値はいったん取り消しました。
今日はドル買いでしたし(^^;

来週、様子を見てまた買い指値を入れようかと思います。
それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




豪ドルドルのブレイクアウト狙いとケーブルの短期トレード

今日は重要な経済指標の多い一日でした。

中でも重要なものを箇条書きにすると、

・米小売売上高
・米新規失業保険申請件数
・豪失業率
・ユーロ圏の政策金利

といったところでしょうか。


豪州の失業率や新規雇用者数が良かったこと、米小売売上高が事前予想を下回ったこと、ゴールドの価格が回復傾向にあることを考えると、単純に思いつくのが、豪ドルドルの買い、ですが・・・


AUDUSD_day_20100114.gif
画像は豪ドルドルの日足チャートです。
0.9320台に上値のレジスタンスがある、と言いたいところなのですが、昨年11月16日の0.9045という高値があるので、レジスタンスとして機能するかどうかは微妙なところだと思います。

ここまでかなり上昇していますし、日足RSIが高値圏にあることを考えると、買いで入っていいのか悩みますが・・・ADXではまだ過熱感がありませんし、週足RSIはまだ50を超えたばかりであることを考えると、試しに仕掛けても良さそうです。


<現在の指値>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.9333(逆指値)

0.9320台を明確に超えたところでの、ブレイクアウトの買いを仕掛けてみます。
上手くいくかどうかは分かりませんが・・・


それといつもと順番が前後しますが、今日のトレード結果です。

<トレード記録>
ポンドドル 新規売り 1万 1.6289 01/14(成行)

ポンドドル 決済買い 1万 1.6288 01/14(逆指値)

損益 89円


ポンドドル 新規買い 1万 1.6275 01/14(逆指値)

ポンドドル 決済売り 1万 1.6305 01/14(指値)

損益 2,680円

トレード手法については、昨日とまったく同じなので割愛します(^^;
個人的にはユーロスイスも買おうかどうか悩んでいるのですが、こちらはダブルボトム形成を期待してみます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ポンドドルの短期トレードで計82pipsほど

今日はポンドドルの短期トレードをしていたのですが、まずまずの結果でした(^^)

まずは昨日のトレードの結果から。


<トレード記録>
ポンドドル 新規買い 1万 1.6162 01/13(成行)

ポンドドル 決済売り 1万 1.6163 01/13(逆指値)

損益 90円

保有していたポジションは建値決済になりました。利益確定の指値は30pipsに指していたのですが、少し届かなかったようです。


ポンドドル 新規売り 1万 1.6146 01/13(逆指値)

ポンドドル 決済買い 1万 1.6171 01/13(逆指値)

損益 -2,311円

逆指値の売りですが、ちょっと考えていたポイントとは異なるところでエントリーしてしまいました。
直近の安値を切ったら売り、のつもりだったのですが・・・


ポンドドル 新規買い 2万 1.6171 01/13(逆指値)

ポンドドル 決済売り 1万 1.6183 01/13(成行)

損益 1,073円

こちらは今日のトレードです。

GBPUSD_15min_20100114.gif
画像はポンドドルの15分足チャートです。
短期の上値のレジスタンスを超えたところでエントリーしました。

1.6190付近にも上値のレジスタンスがあったので、1ポジは早めに利益確定しました。


ポンドドル 新規買い 1万 1.6202 01/13(逆指値)

ポンドドル 決済売り 1万 1.6232 01/13(指値)

損益 2,717円

1.6190付近のレジスタンスを超えたところに、逆指値をセットしてエントリーしました。
こちらは指値にすんなりとヒットしました。


ポンドドル 新規買い 1万 1.6171 01/13(逆指値)

ポンドドル 決済売り 1万 1.6235 01/13(逆指値)

損益 3,276円

短期レジスタンスを超えで取ったもう1ポジは、15分のローソク足の大きな上ヒゲを見て決済しました。
結果論ですが、トレンドラインを割れてくるまで引っ張ってもよかったですね。


今日のトレードを振り返って思ったことは、逆指値でのエントリーが多いことでしょうか。

相場の動く方向についていく、というのが、私のトレードの信条なのですが、それを実践するにはやっぱり逆指値でのエントリーがいいようです。

しばらくはこのポンドドルの短期トレードを続けてみようと思います(^-^)


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロ円で30pipsを取り逃がし

昨日、売り指値を入れていたユーロ円ですが・・・

朝にその指値注文を取り消してしまいました(T_T)
いやあ、もったいないことをしてしまいました・・・


GBPUSD_15min_20100113.gif
画像はユーロ円の15分足チャートです。

矢印で指し示した区間は、ボリンジャーバンドの幅が狭まり、ADXも低位に沈みこんでいます。
いわゆるレンジ相場の状態なのですが、こういうときにどちらかの高値安値をブレイクすると、そちら方向に大きく動く可能性があります。

大きく動く、と言っても、15分足チャートなので30-40pipsくらいが目安になるかと思います。

それで、逆指値をセットして置いたのですが・・・消してしまいました(T_T)


<現在のポジション>
ポンドドル 新規買い 1万 1.6162 01/13(成行)

こちらも短期トレードです。30pipsを利益確定の目処にしてますが、さて。


<現在の指値>
ポンドドル 新規売り 1万 1.6146 (逆指値)

カンのいい人ならすぐ分かったと思いますが、ドテン売りの逆指値です。
短期トレード用ですので、朝までに約定してなければ、また取り消す予定です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロスイスの底は近いか?

以前、私はよくユーロスイスのトレードしていましたが、1.5000を下に抜けてからは下値の目処が分からないため、トレードすることを避けていました。

その後、ユーロスイスは1.4720まで続落していましたが、11日にスイス国立銀行の総裁の発言が伝わり反発しています。

スイス中銀新総裁:「過度な」フラン高抑制に向けた市場介入続ける


ニュースを読んでみると、ヒルデブラント総裁は今年からSNBの新総裁に就任されたそうです。
新総裁になってもユーロに対するスイス高を阻止する、という決意の表明なのでしょう。

ただ、ヒルデブラント総裁は、為替レートの目標を設定していない、とも発言したため、ユーロスイスの反発は小幅に終わっています。


EURCHF_day_20100112.gif
画像はユーロスイスの日足チャートです。表示期間は1年間です。

RSIがややダイバージェンス気味に推移しています。また、チャートにはありませんが、信頼性が高いと言われる週足RSIが安値圏で推移しています。

ADXは高値圏で横ばいになっていますので、下降トレンドの勢いに陰りが出てきたことを示唆しています。

この辺から買い下がってもおもしろいなあ、と思いつつ、買い下がりは自分のスタイルではないので止めておきます(^^;

過去のユーロスイスのレンジを大きく取って、1.5000 - 1.5400と仮定すると、レンジ幅の分だけ下げることが考えられますので、目標値はざっくりと1.4600付近になります。昨年3月の安値が1.4575付近ですので、意外と信憑性のある数字かもしれません。


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 2万 133.47(逆指値)

この逆指値は短期トレード用です。朝までに約定しなければ取り消す予定です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドルスイスも抜けてくるまで待つ

昨日、ドルスイスを買っておけばよかった、と書きましたが、ドルスイスは大きく下げて終わってますね(^^;


USDCHF_day_20100110.gif
画像はドルスイスの日足チャートです。
ドルスイスは、上昇中トレンド中のフラッグを形成中、と考えていたので、上方向への意識を持っていました。

それで、ドルスイスを押したところがあれば買い、と書いたのですが・・・やはり、セオリー通りにフラッグを上に抜けたのを確認してから買うのが良さそうです。

米雇用統計しだいでは、ドル買いの流れが強まり、上に抜けてくると考えていたのですが・・・雇用統計が悪かったので、もうしばらくフラッグの形成が続きそうです。

今日はちょっと短いですが、この辺で(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




雇用統計は8.5万人減だが前回数値が・・・

注目していた米非農業部門雇用者数(米雇用統計)ですが、事前予想を下回りました。

非農業部門雇用者数(米) 予想 ±0.0万人 結果 -8.5万人
失業率(米) 予想 10.1% 結果 10.0%


雇用統計を受けて相場はドル売りに動きました。ドル円も92.20円台まで下げましたが、その後は93円台を一時回復するなど、激しい値動きとなっています。

ドルの買戻しは単なるショートカバーかと思いましたが、失業率が上昇しなかったことと、前回の数値が修正されたことが影響しているのではないでしょうか。

非農業部門雇用者数(米・11月分) 結果 -1.1万人 修正 0.4万人

ただ、ロイターの記事を読むと、10月分は11万1000人減から12万7000人減に下方修正されたようですので、合計するとマイナス1000人となり、雇用が回復したかどうかは微妙な状況のようです。

12月米非農業部門雇用者数は予想外の8.5万人減


私自身は雇用統計で良い結果がでるだろうと考え、ユーロドルとドルスイスでドル買いの逆指値を置いていたのですが、空振りに終わりました。

今から考えれば、ドルスイスは押したところを買っても良かったかと思いますが、まあ、これもタラレバですね(^^;

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




菅財務相発言で円安、後は米雇用統計

今日は菅副総理兼財務相の発言で大きく動いた一日でした。

もう少し円安がいい、財政再建は需要拡大政策が基本=菅財務相

前任の藤井財務相とは違い、明確な円安誘導発言ですので、相場も大きく反応したようです。


USDJPN_day_20100108.gif
画像はドル円の日足チャートです。
直近の高値を超えてきたので、教科書的な解釈では、ダブルトップは無くなったことになります。

ただ、トレンドの分かれ目と言われる200日移動平均線はまだ超えていません。
今後、高値を更新していくかどうかは、週末の米雇用統計しだいということになりそうです。


<トレード記録>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.9189 01/07(逆指値)

豪ドルドル 決済売り 2万 0.9189 01/07(逆指値)

損益 0円

逆指値でポジションを持った豪ドルドルですが、建値決済になりました。朝にチャートをチェックしたときは1万円近い含み益があったのですが・・・

今日はバタバタしていていつもの1ポジ決済もできず、ちょっと不本意な結果に終わってしまいました。


米雇用統計前なので指値は入れていません。
ドルインデックスなどを見ると、上昇トレンド中のフラッグのように思えるのですが、これも上に抜けてくるかどうかは、やはり、米雇用統計しだいということになるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




カナダ円売りでいきなり損失(T_T)

昨日のブログに、正月ボケなのでしばらく様子見、と書きましたが、朝にいきなりポジションを持ってしまいました。


<トレード記録>
カナダドル円 新規売り 1万 88.28 01/06(指値)

カナダドル円 決済買い 1万 89.18 01/06(逆指値)

損益 -9,000円

えー、結果はごらんの通りです(^^;
新年そうそう、玉砕してしまいました。


CADJPN_day_20100107.gif
画像はカナダドル円の日足チャートです。

朝にチャートを見たときに、

・ローソクの足の形が宵の明星に近い
・過去の高値圏に為替レートが位置している
・MACDが下向き(6日の朝の時点で)
・RSIが高値圏から下落


などの理由から成行で売りポジを持ったのですが、あっさりとロスカットになりました。

本来なら4日の高値の上、89.50円くらいにロスカット注文をセットするのがセオリーなのですが、ちょっと遠いと思ったので、89円を超えたら切るように設定しました。

・・・結果的には89.50円に設定していてもロスカットになってましたね(^^;


<現在のポジション>
豪ドルドル 新規買い 2万 0.9189 01/07(逆指値)

直近の高値の上に逆指値をセットして、ポジションを持ってみました。
日足ベースでも、昨年の11月の高値から引いたトレンドラインを上に抜いてきたようです。

週末には雇用統計があるので、それまでに手仕舞いたいところですが・・・


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




2010年はユーロドルから

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いしますm(_ _)m


2010年の最初の記事は何にしようか迷いましたが、ユーロドルを取り上げてみます。


EURUSD_day_20100106.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。
いつもは表示期間は6ヶ月なのですが、今回は1年間にしてみました。

ボリンジャーバンドの2σが丸まってきていることや、MACDがクロスして上昇していること、ADXが高値圏から下落していることを考えると、ユーロドルは下げ止まったように見えます。

また、トレンドの判断の分かれ目と言われる、200日移動平均線がサポートとして機能しているようです。

買いの場合は、12月22日の安値である1.4216付近の下に、ロスカット注文を置いてのエントリーがセオリーでしょうか。


さて、問題は、今の状態が下降トレンド中のフラッグなのかどうか、ですね。

これはもう今後の展開を見るしかないと思います。
11月末からの下落は年末のポジション調整という可能性もありますし・・・

もし、12月22日の安値からの値動きを、下降トレンド中のフラッグだと仮定すると、n計算値による目標値は1.3560付近になります。

チャートパターンによる目標値や一目均衡表の値幅計算は、あくまでも参考として考えればいいと思いますので、上記の数値も参考程度に捉えていただければ、と思います。


私自身は、指値を入れようかどうか迷いましたが、正月ボケがまだ抜けきってないので(^^;もう少し様子見します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




Appendix

お勧めのFX会社さま

クリック証券【FX】
たろすけのメイン口座
約定率の高さもさることながら、取引ツール「はっちゅう君」が使い安くて重宝しています(^^)

スポンサードリンク



ブログ内検索

Extra

プロフィール

たろすけ

Author:たろすけ
1969年生まれ。関西在住。一児のパパ。プロフィール写真は生後6ヶ月の自分です(^^;
FX歴は2年弱ですが、株式などの他の投資経験が10年以上あります。スイングトレードでまったりと資産を増やすことを目指しています。
コメント、相互リンク、トラバは随時歓迎します(^^)

最近の記事

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。