Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




5月のトレード結果

最近は夜が蒸し暑くなりました。

私が子どものころ、夏になると親が寝るときにウチワでよく扇いでくれました。

扇いでもらいながらも、
「大変そうだなあ」
「自分が親になったら絶対できないよなあ」
と考えたりしていました。

でも、我が家の8ヶ月の小さな人が、寝苦しいのか頻繁に寝返りをしていたり、額に汗をかいていたりすると、ついウチワで扇いでしてしまいます。親の宿命なのでしょうか(-▽-)

さて、5月分のトレードの損益を計算してみました。


<5月の損益>
合計 75,928円
(スワップは計算していません)

5月はGWがあり、トレード回数が少なかった割には、そこそこの利益を確保できました。
全てのトレードをチェックしてみたところ、損切りに終わったトレードは昨日のポン円だけでした。建値決済は、山のようにありましたが・・・。

昨日のポンド円は、値頃感から売りポジを持ってしまい、あっさりとロスカットになりました。その後もしつこく売りで入り、一時は100pips以上の利益が乗ったものの結局、建値決済。

最初のトレードは、入るところが中途半端ですし、2番目のトレードは、逆張りなのである程度利益が乗った時点で利食うべきでした。

今の相場は、ドルストレートはともかく、ドル円はレンジ相場と言っていい状況ですので、ドル円、クロス円は欲張らずにある程度利益が乗ったら、利益を確保したほうがいいのかもしれませんね。


私がFXをする目的は、給与収入以外の収入を確保すること、です。それもできれば、投資による収入が、給与収入を上回ってほしいのですが・・・なかなか、その道は険しそうです。

ま、嘆いていても、状況は変わらないので、これからも勉強を怠らず、マイペースで相場に向き合っていこうと思います(^_^)

スポンサーサイト


ドル全面安の展開。ポンド円でダメダメトレード

今日はドル全面安の相場、と言っていいのではないでしょうか。

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、ドルカナダ、ドルスイスなどのドルストレートでドル安が進んでいます。昨日はドル円ではドルが上昇していましたが、今日はそのドル円でもドルが軟調です。昨日書いた斜めのネックライン&200日移動平均線で頭を抑えられた形になっています。

この先、続落するかどうかは分かりませんが、週末の31日か、1日には米自動車大手GMの破綻処理の発表があると思われます。そのGM問題の相場への影響を見届けてから、トレードするほうがいいのではないでしょうか。

相場には「Buy the rumor, sell the fact.」という格言もありますので。


<トレード記録>
ポンド円 新規売り 1万 154.19 05/29(成行)

ポンド円 決済買い 1万 154.68 05/29(逆指値)

損益 -4,900円

昨日、ブログを更新してから、ポンド円のチャートを見ていたら、調整しそうだったので、ポジションを持ってみたら、あっさりやられてしまいました(^^;


ポンド円 新規売り 1万 154.78 05/29(指値)

ポンド円 決済買い 1万 154.76 05/29(逆指値)

損益 200円

再度、逆張り気味にポジションを取ってから就寝しました。朝にチェックしたら、利益が乗っていたので、逆指値を建値に設定し直してから出勤したのですが、欧州時間にその逆指値に引っかかってしまいました。

今月は利益は少ないものの、ロスカットはあまりなかったのですが、最後にやってしまいました(^^;。やっぱり、逆張りは難しいですね。取れれば大きいのですが・・・。

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




ドル円のヘッドアンドショルダーを再検証

今日は怒涛の円安ドル安ですね。

米格付け会社がニュージーランドの外貨建て債券の格付けを引き上げたことや、独失業率、米耐久財受注などの指標が、軒並み事前予想を上回ったことなどが原因でしょうか。特に米耐久財受注は、2007年12月以来の大幅な伸びだったようです。

月の米耐久財受注、07年12月以来の大幅な伸び

その円安ドル安で、私のユーロドルの売りポジションは逆指値での決済となりました。


<トレード記録>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3998 05/27(指値)

ユーロドル 決済買い 1万 1.3898 05/28(逆指値)

損益 9,682円

ちなみに利益確定の指値は1.3778に設定していました。今日の安値が1.3793ですので、あと15pipsほどでした・・・惜しかったぁヽ(TДT)ノ


USDJPN_day_20090528.gif
画像はドル円の日足チャートです。
ここ2-3日はユーロドルばかり分析していたので、久しぶりにドル円を取り上げてみます。

以前にブログで書きましたが、ダブルボトムやヘッドアンドショルダーで、レートがネックラインを割れた後に、一時的にネックラインまでレートが戻ることをリターンムーブと言います。チャートで見ると、今回の値動きはそのリターンムーブのように見えます。

ただ、少し気になることがあります。
それは、このネックラインが正しいのかどうか、という点です。

あまりに急な角度のネックラインはネックラインとして機能しない、という発言を、ある為替ディーラーさんがされていました。

だとすると、今回のヘッドアンドショルダーのネックラインはどこでしょうか。

USDJPN_day_20090528b.gif
ネックラインを引き直してみました。
19日の安値である93.55円から水平に引いたラインを、ヘッドアンドショルダーのネックラインとして仮定すると、ドル円はまだネックラインを割れておらず、高値保ち合いの状態、ということになります。

どちらのネックラインが正しいのかは私には分かりません。

ただ、相場の分岐点と言われる200日移動平均線が位置しているのが、97.27円付近で、今日の高値が97.24円です。これは斜めのネックラインとも重なる位置でもあり、ここで上昇が止まるのかどうか、それとも高値を超えていくのかどうかに注目しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




米国2年債入札は堅調。ユーロドルを一部利確

今日はいろいろと為替を動かす材料が出ていますが、全てを追っかけないほうがいいかもしれませんね。あまりに材料が多い日は、チャートだけを見て売買したほうがいい結果が出ることも多いので。

とりあえず、注目していた米国債の入札は今のところ好調なようです。それほど心配することもなかったかもしれませんね(^^;

ちなみに米国債の入札は、

・26日に400億ドルの2年債
・27日に350億ドルの5年債
・28日に260億ドルの7年債

というスケジュールで行われています。


また、米自動車大手GMは破綻の可能性が高くなったようです。朝日新聞のニュースが一番分かりやすいようでしたのでリンクしておきます。

GM、破綻強まる 債務削減交渉打ち切りへ

ただ、ロイターが今週中の破綻申請はない、とも報じていますので、やはり破綻があるとすれば6月1日前後ということになりそうです。

相場が動いていない週末に発表されたりすると、月曜日の窓明けが怖いので、今週末にポジションの持ち越しをされる方は注意されたほうがいいと思います。これだけ報道されていると、相場に織り込まれている可能性もありますが・・・

今日は他にも、予想よりもいい結果が出た米中古住宅販売件数や、北朝鮮の動向なども気になるのですが、さすがに書ききれないので、とりあえず・・・スルーしておきます(^^;


<トレード記録>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3978 05/27(指値)

ユーロドル 決済買い 1万 1.3898 05/27(指値)

損益 7,596円

昨日の安値が1.3859だったことから、1.3900割れはあるだろう、と考えて1.3898に利益確定の指値を設置しました。


<現在のポジション>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3998 05/27(指値)

高値で売ったポジ(といっても、20pipsほどですが)はまだ保有中です。欧州通貨ではポンドは好調なのですが、ユーロポンドでユーロが軟調なので、ユーロドルももう少し下値がありそうな気がします。

ただ、昨日の安値は割れておらず、高値も更新していません。ローソク足でいう孕み足になっていますので、大きく動くエネルギーを徐々に蓄積しつつある、というところでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




米国債の入札結果に注目。ユーロドルを売り

今日は米消費者信頼感指数が大きく上振れしたことで、NY市場は大きく上昇して始まっています。これで株高円安、といきたいところなのですが、相場に重くのしかかっているのが、今日から始まる米国債の入札です。

米金融・債券市場展望=入札相次ぎ厳しい環境、米国格下げ懸念も影響

以前に、英国債が入札割れになり、ポンドが急落したことがありましたが、今回も入札割れという事態になれば、ドル安に繋がる可能性を秘めています。特に今は米国債の格下げが噂されているだけに、入札結果には注目しておいたほうが良さそうです。


<現在のポジション>
ユーロドル 新規売り 1万 1.3998 05/27(指値)
ユーロドル 新規売り 1万 1.3978 05/27(指値)

昨日書いたように、ユーロドルに少し調整が入りそうでしたので、売りポジションを持ってみました。


EURUSD_4hour_20090526.gif
画像はユーロドルの4時間足チャートです。

ユーロドルは直近では2回調整局面がありましたが、そのときは300pips前後下落しています。今回も調整があるとすれば、同じくらいの調整があってもおかしくはありません。ただ、以前よりはユーロの上昇傾向が強くなっているので、前回と同じ値幅分調整するという保証はありませんが・・・

いずれにしろ、大きく上げた後のリバウンドを狙う逆張りでのエントリーですので、早めに決済する予定です。

と言っても、前記したように米国債の入札の結果しだいでは、ドル売り=ユーロドルの急騰に繋がる可能性があるので、ロスカットで終わる可能性のほうが高いかもしれません・・・(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




地政学リスクで円安も一時的

今日は北朝鮮による地下核実験、及び、ミサイルの発射で、久しぶりに地政学リスクが意識され、東京時間で円が売られる局面があったようです。ただ、ブログを書いている現在は、ドル円は始値付近で推移しており、結局、相場は行ってこいということでしょうか。

実は今朝、ドル円を買いました。
理由は簡単で、ストップの置き所が分かりやすいことと、昨日、ブログで書いた値幅的に少しは反発があるか、と考えたことからです。

昼休みに携帯からレートをチェックしたときに、ポジションに利益が乗っていたので、喜んでいたのですが・・・地下核実験で円安に振れたのなら、素直に喜べないですね。


<トレード記録>
ドル円 新規買い 1万 94.58 05/25(指値)

ドル円 決済売り 1万 94.84 05/25(成行)

損益 2,600円

地政学リスクによるあまりすっきりしない円安でも、利益が乗れば、それはそれで持ち続けようかとも思ったのですが(^^;、95円を割れてきたので、成行で決済しました。


EURUSD_day_20090525.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。
ドル円を決済後、いろいろな通貨ペアのチャートを見ていたのですが、ユーロドルやポンドドルのローソク足の形が首吊り線のような形になっています。

高値圏で出ると下落する可能性が高いと言われている首吊り線ですが、今日はロンドン市場、及び、米国市場が休場なので、あまり気にする必要はないかもしれませんね。

ただ、ユーロドルは日足、週足ともにRSIがかなり上昇しているので、少しは調整が入ってもおかしくないような気もします。明日以降の値動きに注目、といったところでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




ドル円は値幅的には反発があってもよさそう

徹夜でのキスの投げ釣りから夕方に帰宅して、今まで爆睡していました。釣果はよかったのですが、昼過ぎまで粘って釣っていたので、日焼けしてしまい、顔や手がひりひりします。

しかし、この季節に日焼けって、普段どれだけ日に当たっていないんだ・・・(^^;


USDJPN_day_20090524.gif
画像はドル円の日足チャートです。
短期のトレンドラインを引いてみました。

トレンドラインで反発して上を目指しそうでもあり、そのまま続落しそうでもあり、悩ましい展開ですね。3月19日に付けた安値を割り込めば、下落が加速しそうですが・・・

4月06日から、4月28日までの下落幅が、5.82円。
5月07日から、5月22日までの下落幅が、5.93円。

値幅的には反発があってもよさそうな気もしますが、さて。

とりあえず、月曜日はロンドン市場、及び米国市場が休場ですので、大きな値動きはないと思います。じっくりと戦略を練るにはいい機会なのではないでしょうか(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ





ポンドドルで考えるドル安

今日は週末、そして月曜日はロンドンと米国が休場、個人的にもポジションはなし、明日から友人と泊りがけで釣り(^^;と、のんびりした時間を過ごしています。


相場は相変わらずドル安ですね。

昨日、英国債の格付けが引き下げられたことを書きましたが、ファンダメンタルが良くない英ポンドに、さらに悪材料が出ても下がらないポンドドルに、今の相場の状況がよく現れていると思います。


GBPUSD_day_20090522.gif
画像はポンドドルの日足チャートです。
売り買いどちらか?、と言われれば、もちろん買いなのですが、上値を結んだトレンドラインを上に抜けているので、オーバーシュートの可能性があります。追っかけて買うよりは押し目を待ったほうが良さそうです。


GBPUSD_day_20090522b.gif
こちらもポンドドルの日足チャートなのですが、トレンドラインを引きなおしてあります。トレンドラインの引き方によっては、まだ上値があるようにも見えます。

ストップを入れつつ、ADXなどのインディケーターで過熱感を計りつつ、やはり買いでのエントリーでしょうか。ただ、トレンドラインの角度が急になればなるほど、急落の可能性も高くなることは頭の隅っこに入れておいたほうが良さそうです。

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ



英国債の格下げも相場は行ってこい。豪ドルをトレード

今日は何と言っても、英国債の格下げでしょうか。

S&P、英国債格付け見通し「ネガティブ」に変更

米格付け会社による英国債の格下げを受け、為替市場でポンドは急落しましたが、今はほぼ全戻しの展開になっています。典型的な行ってこい、ですね。

為替市場でいうトレンドが、大きな相場の流れだとすると、今のドル売りトレンドは英国債の格下げくらいでは変わらないということでしょうか。それとも、次に来るのが米国債の格下げ、だということを相場が織り込みつつあるのでしょうか。もっとも、米格付け会社が自国の米国債を、格下げをする勇気があるとは思えないのですが・・・


<トレード記録>
豪ドル円 新規買い 2万 72.96 05/19(指値)

豪ドル円 決済売り 1万 73.46 05/21(逆指値)

損益 5,000円

保有していた2ポジのうち、1ポジは逆指値注文を建値より50pipsほど上に設定していました。
いつもはほどほどに利益が乗ったら、1ポジは利確するのですが、今回はポンド円を利確したのと、チャート上での直近の高値である76円が頭にあったので保有し続けたのですが、朝方にあっさりと逆指値がヒットしました。


豪ドル円 新規買い 1万 72.96 05/19(指値)

豪ドル円 決済売り 1万 72.98 05/21(逆指値)

損益 200円

もう1ポジはいつもの+2pipsの建値決済です。建値決済になると、200pips以上利益が乗っていたときに利確すればよかったなあ、とつい考えてしまいますが、それは結果論ですね・・・と書きつつも気分はヘコみます(TДT;


豪ドルドル 新規買い 1万 0.7742 05/21(成行)

豪ドルドル 決済売り 1万 0.7768 05/21(成行)

損益 2,467円

こちらはデイトレです。豪ドルドルで少しだけ抜きました。
あまり深く考えず、上がっているから買うか、という感じでエントリーし(^o^;;、イグジットもテキトーに決めました。上の建値トレードの鬱憤晴らしです・・・・負けなくてよかった('▽';)


AUDUSD_week_20090521.gif
画像は豪ドルドルの週足チャートです。
図中の薄いブルーのボックス部分をダブルボトムとすると、目標値は0.8525付近です。
また、7月15日からの下落幅の半値戻しを考えると0.7925付近になり、下落途中に一旦リバウンドしたのが0.7900付近になります。そして、そのリバウンド後の高値が0.8517です。

目標値はあくまでも目標値に過ぎませんが、これだけ近い数値が重なっていると、注目しておいて良さそうです。


<現在の指値>
豪ドルドル 新規買い 1万 0.7688(指値)

明日が週末なので迷いましたが、1ポジだけ買い指値を入れておきます。0.8500付近は無理でも、0.7900くらいは伸びそうな気もしますが・・・さて。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




ドルを売るならドル円以外の通貨ペア

今日は指標が悪かった豪ドルがやや軟調ですが、それ以上にドル安が明確になってきたようです。ユーロや英ポンドはもちろん、指標が悪かった豪ドル、そしてGDPが年率換算で戦後最悪の15.2%減となった日本円に対してもドルが軟調に推移しています。

Dollarindex_day_20090521.gif
画像はドルインデックスの日足チャートです。
3月の安値を割り込んできましたし、200日移動平均線も明確に下回ってきました。
RSIは50以下で下向きで推移、MACDもゼロラインより下で下向きとトレンドは明確に下向きです。

今日は原油価格が一時62ドルを記録するなど、年初来高値を更新していますし、ドルの軟調はしばらく続きそうな気配です。

もっとも、米自動車大手GMや米大手金融機関に何かあれば、またリスク回避のドル買いが起こる可能性は常に秘めていますが・・・

参考までに、過去一ヶ月でドルに対する騰落率を見ると、スウェーデンクローナが1位で12.98%、2位が豪ドルで10.71%となっています。ちなみに円は2.42%とドルに対する上昇率はあまり高くないので、ドルを売るなら対円以外の通貨ペアがいいということになります。

主要通貨の騰落率


<現在のポジション>
豪ドル円 新規買い 2万 72.96 05/19(指値)

豪ドル円よりも豪ドルドルを買っておけばよかったかなあ、と反省中ですが、ポジションを持ってしまったものは仕方がないので、しつこくホールドします。

11日の高値付近での利確を狙っていますが、ドル円の軟調が続くとそこまで上値が伸びるかどうか、難しそうな気もします・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




米住宅着工件数下振れも下げ渋り。ポンド円を利確

今日は米住宅着工件数の発表があったのですが、かなり悪い結果がでました。

住宅着工件数(米) 予想 52万件 結果 45.8万件

また、米自動車大手GMに関しても悪いニュースが出ています。

米GM、破産法申請がほぼ確実に=専門家

これだけ報道されていると、もうGMの破産法適用は相場に織り込まれているような気もしますが、やはり実際に事が起きてみないと相場がどう動くのかは分かりません。再建計画の提出期限である6月1日前後は、注意しておいたほうが良さそうです。

今日は上記のような悪材料が多いようですが、為替は円安ドル安に動いています。ドル円はあまり動いていませんが、ドルストレートでは明確にドル安に動いていて、それがクロス円を押し上げる要因になっているようです。


GBPJPN_day_20090519.gif
画像はポンド円の日足チャートです。
保有していたポンド円の買いポジは、セットしておいた指値が欧州時間にヒットしました。

<トレード記録>
ポンド円 新規買い 1万 146.96 05/19(指値)

ポンド円 決済売り 1万 149.48 05/19(指値)

損益 25,200円

6日の高値から引いたトレンドラインが位置するのが150円前後でしたので、そこからざっくりと50pipsほど下に指値をセットしておいたのですが、上手く約定してくれたようです。

ポンド円はダブルトップを形成しそうでしたが、見方によっては三角保ち合いにも見えますね。仮に三角保ち合いだとすると、上に抜ける可能性が高いということになりますが・・・


<現在のポジション>
豪ドル円 新規買い 2万 72.96 05/19(指値)

豪ドル円は豪ドルドルが堅調ですので、そのままホールドする予定です。
まあ、それを言うならポンドドルも堅調なので、ポンド円もホールドということになるのですが、ポン円は長く持つと、あまり心臓に良くないので(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




杉本財務次官発言よりもバルチック海運指数

日曜日に家族でツツジを見に行ってきました。

ちょっとしたハイキングコースで、天候もあまりよくなかったのですが、山の斜面一面に咲くツツジはとても綺麗でした。ただ、帰宅後に疲れが出たのか、ブログを更新することなく、朝まで寝てしまいましたが(^o^;

さて、週初めは円安に動いていますね。材料はやはり杉本財務次官の発言でしょうか。

円が対ドルで95.91円近辺に下落、杉本財務次官発言で

また、他にもいろいろと株高円安を後押しするような材料が出ています。

・米ゴールドマン・サックスの目標株価を米シティ・グループが引き上げ
・米バンク・オブ・アメリカの投資判断を米ゴールドマン・サックスが「Buy」に引き上げ
・バルチック海運指数が年初来高値を更新

特に私が注目しているのは、バルチック海運指数の高値更新です。
バルチック海運指数とは、鉄鉱石などのバラ積み船の運賃指数です。株式投資の経験がある人には、おなじみの指数だと思います。

簡単に考えれば、バルチック海運指数が上昇しているときは、経済が好調で(台風などのほかの影響のときもありますが)鉄鉱石などの需要が伸び、海運株が上昇します。逆に下落しているときは、経済が停滞し、鉄鉱石などの需要は減少、海運株も下落します。

そのバルチック海運指数が年初来高値を更新してきた、ということは、世界経済は意外に底堅いと判断してもよさそうです。ただ、去年はバルチック海運指数が11,000以上もあったことを考えると、まだまだ低い水準ですが(^^;


<現在のポジション>
ポンド円 新規買い 1万 146.96 05/19(指値)
豪ドル円 新規買い 2万 72.96 05/19(指値)

反転したようですので、素直に買ってみました。
どちらも指値ですが、リアルタイムのレートの数pips下に入れた指値ですので、感覚的には成行に近いです。ドル円のチャートを見ると、ここから一気に円安が進む、とも思えないので、早めに利益確定する予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




情報商材について

FXの情報商材がいろいろ出回っているようですが・・・私自身は情報商材は買う気がありませんし、興味もありません。もっとはっきり言えば、世の中に流通しているFXの情報商材は、すべてその価格分の価値がないとさえ考えています。

こんなことを書くのは、ある情報商材の宣伝文句に腹が立ったからです。

「FX関連の本をいくら読んでも投資成績は向上しない」

大ウソです。本を読んで投資成績が向上しないのではなく、本の通りに投資しないから成績が向上しないのです。

どの本にも当たり前のことが書いてあります。

・ストップ注文は必ず入れる
・損小利大を心がける
・損失は証拠金の5%以下に抑える

ナンピンをしろ、ストップ注文は入れるな、などと書いている本はありません。良書を読み、その通りに行動すれば、投資成績は必ず向上します。数万円もする情報商材なんて買う必要はありません。

伝説の相場師と言われた是川銀蔵氏は、図書館に通いつめて投資を独学で学び、無一文から数百億円の巨額の利益を稼いだといわれています。

FXで投資成績が上がらないという人がおられましたら、情報商材に手を出す前に、もっと本を読んでほしいと思います。

情報商材に比べれば、本の値段など高が知れていますし、是川銀蔵氏のように図書館を利用すれば無料で読むことができます。最近の図書館はリクエストをすれば、他の図書館から本を取り寄せてくれたり、新規に購入してくれることもあります。

情報商材に手を出す前に、数万円を払う前に、もう一度近所の本屋さんに、近くの図書館に足を運んでみてください。

そこにはきっと、貴方の投資成績を向上する良書が眠っています。



スイス中銀がまた介入?

今日はスイスフランが軟調ですね。介入があったような値動きをしています。複数のニュースサイトをチェックしたところ、介入の可能性は高いようですが、今のところスイス中銀はコメントを出していないようです。

NY市場 スイス中銀、介入か!

昨日まで、ドルスイスの売りポジションを持っていたので、決済しておいて助かりました。まあ、偶然なのですが(^^;

USDCHF_day_20090515.gif
画像はドルスイスの日足チャートです。

ドルスイスは明確な下降トレンドだと思いますが、今後も介入があるとなると、売りでのエントリーポイントが難しくなりそうです。200日移動平均線か、じっくりと行くなら去年の11月の高値から引いたトレンドラインまで待ってもいいかもしれませんね。


さて、保有していたポンド円の売りポジションは、朝には建値で決済されていました。

<トレード記録>
ポンド円 新規売り 1万 145.69 05/14(成行)

ポンド円 決済買い 1万 145.67 05/15(逆指値)

損益 200円

ポンド円は現在144円ミドル付近で推移していますので、ちょっともったいなかったかもしれませんが・・・今日は欧州圏のGDPの発表があり、その影響しだいでは、どちらにも振れる可能性があったので、まあ、よしとします。

と、前向きに考える('▽';

来週は20日の水曜日に発表される日本のGDPが気になります。これがあまりに悪いようだと円安に振れそうな気もするのですが・・・いや、やはり予断を持たずに動いた方向についていくことを心がけようと思います。

それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




ショートカバーかレンジの下限か?

今日はさすがに株式市場も反発、為替相場も円安ドル安に動いています。単なるショートカバーなのか、それともここがレンジの下限で、また上を目指すのかを見極めたいところです。

ドル円は95円の下に大量のストップ注文があり、ここを割れると相場が大きく崩れる可能性も、と私が登録している為替ニュースに書かれていました。

仮に私がドル円の買いポジションを持っていたとすると、ストップ注文は4月28日の95.62円の下に置くと思うので、もうロスカットに引っかかっていることになります。

もし、ドル円がここで反転したとしたら、ストップ注文は直近の安値の下に置くよりも、(95円などの)区切りのいい数字の下に置いたほうがいいのかもしれませんね。まあ、反転するかどうかは分かりませんが(^^;


<トレード記録>
ポンド円 新規売り 2万 145.69 05/14(成行)

ポンド円 決済買い 1万 143.88 05/14(指値)

損益 18,100円

1ポジはいつものように早めに決済しました。144円割れに利益確定の指値をセットしておいたのですが、朝には携帯に約定メールが届いていました。帰宅してからチャートを見ると、昨日書いたボリンジャーバンドの-1σ付近まで下げていたので、もう少し引っ張ってもよかったかもしれません。


ドルスイス 新規売り 1万 1.1098 05/14(指値)

ドルスイス 決済買い 1万 1.1098 05/14(指値)

損益 0円

ドルスイスは建値で決済しました。

帰宅してからチャートをチェックすると、

・昨日の高値を更新、かつ、安値は切っていない
・日足ローソク足が陽線
・5日移動平均線を為替レートが上抜け

などの状況から、下向きのベクトルは変わってないが少しリバウンドがあるのか!?、と建値決済で逃げましたが・・・今は下がってますね(・ω・)。ローソク足も上ヒゲ付きの陰線に変わっています。少し判断が早かったかもしれません。まあ、損失は出ていないし、また売りのタイミングを計ることにします。


<現在のポジション>
ポンド円 新規売り 1万 145.69 05/14(成行)

ポンド円の残りの1ポジはホールドです。
といっても、逆指値を建値にセットしなおしたので、朝にはもうポジが無くなっているかもしれませんが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




BOEインフレ報告でポンドが弱い

注目していた米小売売上高は、事前予想よりも悪い結果が出ました。

4月小売売上高(米) 予想 0.0% 結果 -0.4%

今日は円全面高と言っていい相場だと思いますが、中でもポンド円が弱いですね。原因はBOEのインフレ報告のようです。

英ポンドが急落、中銀インフレ報告を受け


GBPJPN_day_20090514.gif
画像はポンド円の日足チャートです。
トレンドラインは何度か引いたのですが、納得の行くラインが引けなかったので、あえて消してみました(^^;

チャートパターン的にはダブルトップを形成しつつあるようです。この場合の目標値は126.50円付近ですが、あくまでも目標値は参考程度でいいと思います。

現実的にありそうなのは、ボリンジャーバンドの-1σまでの下落でしょうか。もちろん、直近の安値である139円付近まで下げるかもしれませんし、前記したダブルトップを形成して大きく下落、となるパターンも考えられます。

それらを頭に入れつつ、目先はどこまで円高が進むのかを考えていくことになりそうです。


<現在のポジション>
ドルスイス 新規売り 1万 1.1098 05/14(指値)
ポンド円 新規売り 2万 145.69 05/14(成行)

セットしておいたドルスイスの売り指値は、ぎりぎりで約定していました。

ポンド円は成行で売ってみたのですが、例によって1ポジは早めに決済、もう1ポジは大相場になったときに備えて(ダブルトップを形成して大きく下落したときに備えて)、ホールドする予定です。まあ、そうはならないとは思いますが、相場がどう動くかは誰にも分からないので、準備だけはしておいたほうが良さそうです。

・・・いや、誰にも分からないではなく、少なくとも私には分からない、に訂正しておきます(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




ドル円、ヘッドアンドショルダーなら目標値は90.50円か

経済関連のニュースをチェックしていたら、原油価格が半年振りに高値を更新、というニュースがありました。調べてみたら、WTI原油価格が一時60ドル台に乗せていたようです。

素直に考えれば、原油価格が上がれば、資源国通貨である豪ドルやカナダドル、そして原油価格と相関性の高いユーロが上がり、世界の原油の4分の1を使うと言われているドルは下がる、ということになりますが・・・


USDJPN_day_20090512.gif
画像はドル円の日足チャートです。
原油価格が上昇しているので、今日は豪ドルあたりを取り上げようかと思ったのですが、昨日に引き続きドル円です(^^;

やはり、ドル円のヘッドアンドショルダーが気になりますので。

図中にヘッドアンドショルダーのネックラインを書き込んでみました。ネックラインを割り込んだようにも見えますが、NYの終値を見てみないとまだ断定は出来ないと思います。NYが終わってみたら、ローソク足が下ヒゲになっていて見事にラインで反発していた、ということもありますから・・・。

参考までに計算すると、ヘッドアンドショルダーを形成したときのドル円の目標値は90.50円前後でしょうか。円を積極的に買う材料もないので、ここまでは下がらないとは思いますが、ドル円5年サイクル論もありますし、頭の隅っこに入れておいても良さそうです。


<現在の指値>
ドルスイス 新規売り 1万 1.1098(指値)

指値はドルスイスに入れてみました。昨日、今日の高値付近での売りエントリーを狙ってみます。明日に米小売売上高が控えていますので、とりあえず1ポジで(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




ドル円は三尊天井というよりはレンジ相場

今日は先週末とは打って変わって、円高ドル高欧州&オセアニア安の動きです。まあ、先週の利益確定で下げているのだろう、と考えていたのですが、少し嫌なニュースも出ています。

米GM、破産法申請が必要となる確率一段と高まる

もう、米自動車大手GMの破綻関連のニュースは、新鮮さがないので相場は動かないだろう、と私などは考えてしまうのですが(^^:、そうでもないのでしょうか。

上記のニュースも、利益確定の動きの材料にされているだけだと思いますが、実際に破綻したら為替にどう影響があるかは分からないので、どちらに動いてもいいように、頭の中でシミュレーションだけはしておいたほうがよさそうです。


USDJPN_day_20090511.gif
画像はドル円の日足チャートです。表示期間は6ヶ月です。
先週末に、今のドル円の値動きは分かりづらい、と書きましたが、さすがにドル円を見ないわけにもいかないので、例によって自分なりに分析してみます。

トレンドラインを引いてみると意外なことに、右下がりのラインは図中で赤色にした1本だけですね。もっとも、表示期間を1年や2年と長くすると、ものすごい長い右下がりのラインが引けますが・・・

チャートパターン的には、やはりヘッドアンドショルダーに見えます。4月6日の高値である101.44円を超えれば、ヘッドアンドショルダーは崩れるのですが、そこまで上昇するかどうかは今後の材料しだいでしょうか。

恐怖指数と呼ばれるVIX指数が、リーマン・ショックがあった去年の9月の水準まで低下していることや、最近の株式市場の堅調さを考えると、ヘッドアンドショルダーを形成して下落、というよりは、レンジ相場を形成しそうな気もしますが、さて。

ポジションはユーロドルか豪ドルドルでの買いを入れたいのですが、目先は下げているので少し様子見します。押し目だとは思うのですが、どれくらい押すかの判断が難しいですね(・_・)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ



FX革命!

FX業界では有名な南緒さんの著書です。



本の内容をどこまで紹介していいかはいつも悩むのですが、とりあえずこの言葉を紹介します。南緒さんの名言です。

「ストップを動かすバカ、取り消すアホ」

この本を紹介した最大の理由は、この言葉を書きたかったから(^^;と言っても過言ではありません。
以前にもブログで書いたような気がしますが、紙に書いてトレードするパソコンの横に貼っておきたいくらいです。

ストップ注文は必ず入れる。
入れたストップ注文は動かさない。ましてや、取り消さない。


当たり前のことですね。上の言葉は、FXをする上で当たり前のことを的確に言い表した至言だと思います。少しきつい表現ですが・・・

今回、ブログで紹介するにあたり、「FX革命!」をあらためて読み直してみたのですが、意外に当たり前のことを書いているという印象を受けました。アマゾンの書評などを読むと、評価は割れているようですが、上の言葉やレバレッジの考え方、業者選びからテクニカルのことまで、一読に値する内容だと思います。

袋とじの内容についてはもちろん書けませんし、試したことがないので正直なところよく分かりません。平均足を使った手法なのですが、私自身が平均足が苦手なので、読んでも最初から試すつもりはありませんでした。

個人的に点数を付けるとするなら、10点満点で7点でしょうか。袋とじのトレード手法が、平均足が見られないチャートを使っている人は利用できないことと、損切りの徹底を推奨しているのはいいのですが、適切なストップの置き方の解説がないことなどが気になります。




円以外では、やはりドル安

昨日、ユーロドルは結局1.3640付近まで上昇したんですね。

デイトレなので利益確定後に上昇しても気にしない、と書いておきながらも、上昇したのを見ると、ホールドしておけばよかったなあ、とつい考えてしまいます(^^;

今日は主にドルストレートをチェックしていたのですが、ドル円以外でのドル安が鮮明になってきたようです。ユーロドルだけでなく、英ポンド、カナダドル、豪ドル、NZドル、スイスフランなどの円を除く主要通貨に対して、ドルは全面安と言っていいチャートになっています。


USDCHF_day_20090509.gif
画像はドルスイスの日足チャートです。
GW休暇の前までは、3月19日の安値である1.1158割れに、売りの逆指値のセットして置いたのですが・・・セットしたままにしておけばよかったですね(´Д`;

まあ、タラレバを言っていても仕方がないので、この先は戻す局面があれば、戻り売りで対処しようと思います。200日移動平均線がサポート&レジスタンスとして機能しているようですので、200日移動平均線を参考にエントリーしてみるのもいいのではないでしょうか。

さて、冒頭に円以外でドルは全面安と書きましたが、ドル円に関してはちょっと分からないんですよね。

最近のドルがリスク回避で買われる通貨だということを考えると、ドル安に動きそうな気もしますが、3月19日からのトレンドラインを引くと上にも行きそうですし。ただ、チャートパターン的にはヘッドアンドショルダーを形成しつつあるように見えます。

・・・まあ、分からない通貨はトレードしない、というのがいいのではないでしょうか(^^;
ドル円専門の人は短期トレードに徹するか、方向感が出るまで休むのがいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ



米雇用統計後、ユーロドルでデイトレ

今日は早朝に、米大手金融機関に対する健全性審査、いわゆるストレステストの結果が公開されたのですが、織り込み済みだったようで、相場はあまり動きませんでした。

ストレステストは無難に通過、焦点は景気回復の実現性に

・・・何が織り込み済みで、何で織り込み済みでないのか、誰か教えてくれればいいのに(・ω・)

まあ、ストレステストの結果が、事前に報道されていた内容とあまり変わらなかったので、材料視されなかったということなのだと思いますが。


さて、NY時間に発表された米雇用統計は、事前予想よりも良かったのですが、相場はドル売りで反応したようです。

非農業部門雇用者数(米) 予想 -60.0万人 結果 -53.9万人
失業率 予想 8.9% 結果 8.9%


その雇用統計で今日は取ることができました(^^)

EURUSD_5min_20090508.gif
画像はユーロドルの5分足チャートです。
米雇用統計のような相場に影響の大きい指標のときのトレード手法は、2種類あると思います。

事前に上下に逆指値をセットする方法と、第2波を狙う方法です。

今回はその第2波を狙う方法で、上手く取ることができました。

エントリーのタイミングは、ローソク足を主に、スローストキャスティクスを補助的に見ています。指標発表直後に大きく動いた第1波の後の、第2波の上昇に乗れるように、ローソク足が下ヒゲから陽線になったのを確認してから、買いで入りました。

買いポジを持った直後に下げましたので、少しヒヤりとしたのですが(^^;、その後はほぼ自分の理想どおりにトレードが出来ました。

もちろん月曜日以降に、高値を更新していく可能性もありますが、最初からデイトレのつもりだったので、それは気にしないことにします。


<トレード記録>
ユーロドル 新規買い 2万 1.3478 05/08(成行)

ユーロドル 決済売り 1万 1.3505 05/09(成行)

損益 2,667円

1ポジは安全重視で早めに決済しました。第2波の上昇があるだろうとは考えていたのですが、この時点ではチャートパターン的にダブルトップになる可能性も捨てきれなかったので。


ユーロドル 新規買い 1万 1.3478 05/08(成行)

ユーロドル 決済売り 1万 1.3548 05/09(逆指値)

損益 6,916円

残したもう1ポジは、1.3560を超えたのを確認して、逆指値を1.3550割れの1.3548に設定し直したら、途端にレートが下がって逆指値での決済となりました。

利益を確保するためのプロフィット・ロスカットのつもりでしたので、別に逆指値がヒットしても問題はなかったのですが・・・それでも、まだ上昇してくれるかもという期待も少しありましたので、逆指値をがヒットしたときは、相場の神様が私の行動を見ているのか、と思ったほどでした(´Д`;

とはいえ、利益も確保できましたし、GW休暇の後の久しぶりにトレードにしては、上出来だったと思います(^^)
それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ



いろいろニュースはあっても流れはドル安

GW休暇も昨日で終わり、今日からトレード再開です。
といっても、米金融機関のストレステストと、米雇用統計の発表が明日に控えてますので、さすがに今日はポジションを取る勇気がないのですが(^^;

ストレステストの公表は5月4日だと記憶していたのですが、連休中?に8日に変更になったようです。

米財務長官とFRB議長が日本時間8日午前にストレステストについて会見


また、今日はユーロ圏で0.25%の利下げがありました。ECBのトリシェ総裁が利下げ発表後の会見で、以前から言及していた、非伝統的措置を発表しています。

ECBが25bp利下げ、カバードボンド買い入れ計画を発表


EURUSD_day_20090507.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。
19日からの値動きは終わってみれば、上昇過程にできたフラッグでした。

まあ、仮にペナントやボックスだったとしても、以前に書いたように、どちらもトレンドの継続を意味するチャートパターンですので、上に抜ける可能性が高いのは高いのですが。

目先は200日移動平均線がレジスタンスになるかどうかに注目しています。利下げや非伝統的措置を発表をしても、下落に転じていないことを考えると、押したところは買っても良さそうです。

何よりもドル円以外のドルストレートでドル安が継続しているので、今はドル売りのポジションを持つのが良いかと思います。ドル円クロス円では、ドルストレートの影響が出ることから、買いでのエントリーが無難でしょうか。

ユーロドルの1.3300割れ辺りに、買い指値を入れようか迷いましたが、明日の指標発表や週末ということもあるので、やはり様子見します。
本格的にトレードを再開するのは、来週以降になりそうです(・_・)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ



4月のトレード結果

明日から私もGW休暇です。ちなみに私のGW休暇は綺麗に暦通りなので、嬉しくもあり、悲しくもあり。

連休に有給休暇をくっつけて、休みを長くしたかったのですが、ちょっと仕事が忙しくて出来ませんでした。9月の連休に期待します・・・って、何日先だ(´Д`;

さて、4月分のトレードの損益を計算してみました。


<4月の損益>
合計 118,324円
(スワップは計算していません)

4月は久しぶりに10万円を越えました(^▽^)
自分で言うのも変ですが、低レバで1枚2枚トレードしている割には、なかなか良い成績かと。

4月のトレードで一番印象に残っているのは、一昨日のユーロ売りの建値決済です。

ユーロを対ドル、対円で1ポジずつ売りをかけていて、一時は4万円以上利益が乗っていました。それが建値決済で終わりました(・_・)

あのときは、ユーロドルが上値のレジスタンスになっていたトレンドラインで綺麗に反落したので、これはチャネルラインまで下げる、と思い込んでしまったのだと思います。翌日にユーロドルが反発しても、利益を確保しようとはまったく考えませんでした。FXでは値動きに対応することが重要なのに・・・

複数ポジを持って、一部を利益確定する、というトレードを、私はときどきするのですが、今度は利益確定したあとに、またポジを持ち直す、ということをやってみようと思います。

上記の文章だとちょっと分かりにくいと思いますので(^^;、また、日を改めて書いてみます。

ともあれ、明日からGWですのでブログの更新もお休みします。再開は7日の予定です。
それでは、今週もお疲れ様でした(^▽^)/~~



今度は本当?クライスラーが破産法11条の適用申請へ

私自身はまだGW休暇に入っていないのですが、気分だけはちゃっかりGWです(^^;。為替相場も様子見の日々が続いています。

さて、今まで米自動車大手ビッグスリー関連のニュースはいろいろ出ていました。29日にそのビッグスリーの一角であるクライスラーが破綻回避、というニュースが出たばかりなのですが、今日は一転して破産法11条の適用のニュースが流れています。

もっとも、米株式市場は堅調に推移していますので、影響は軽微、というか、マーケットは破産法11条の適用に好意的と見るべきなのかもしれませんが。

米クライスラー、破産法11条の適用申請へ

話は変わりますが、最近はFXのレバレッジ規制が話題になっているようです。私自身はこのことについて定見がありません。レバレッジ規制が入ったことによってFX業者の収入が減り、手数料復活とかになったら嫌だなあ、と漠然と考えるくらいです。

少し気になってネットサーフィンしていたら、参考になるコラムがありましたので紹介しておきます。

反対が多いものの合理性があるFXレバレッジの上限規制

FXにおいて最も怖いのは業者リスクだと言われていますので、そう考えるとレバレッジ規制も悪いことではないのかもしれません。それでもくりっく365が採用している100倍くらいはあってもいいとは思うのですが・・・。


<現在の指値>
ドルスイス 新規売り 2万 1.1148(逆指値)

この指値もGW中はさすがに外そうかと考えています。ドルスイスは目先は下向きの傾向が強くなってきましたので、置いておいてもおもしろいかもしれませんが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

為替ブログランキング  にほんブログ村 為替ブログ




Appendix

お勧めのFX会社さま

クリック証券【FX】
たろすけのメイン口座
約定率の高さもさることながら、取引ツール「はっちゅう君」が使い安くて重宝しています(^^)

スポンサードリンク



ブログ内検索

Extra

プロフィール

たろすけ

Author:たろすけ
1969年生まれ。関西在住。一児のパパ。プロフィール写真は生後6ヶ月の自分です(^^;
FX歴は2年弱ですが、株式などの他の投資経験が10年以上あります。スイングトレードでまったりと資産を増やすことを目指しています。
コメント、相互リンク、トラバは随時歓迎します(^^)

最近の記事

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。