Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




8月のトレード結果

月末なので、今月の損益を計算してみました。


<8月の損益>
合計 58,179円
(スワップは計算していません)

夏休みで一週間ほどトレードを休んだ割には、まずまず取れたかなあと思います。個人的にはFXの利益が、毎月の給与収入を上回ることを目標にしているので、まだまだなんですけどね。

一番大きく取れたトレードが、ポンドドルのブレイクアウトでエントリーした、66,138円です。
この一回のトレードだけで、月間の利益よりも多いんですよね。
とすれば、この一回のトレードだけをして、他は休んでたほうが結果はよかった、ということになるのですが、なかなかそれは難しいかと(^^;

他にも過去のトレードを見直すと、ユーロ円を169円で売りエントリーしたのに、168円で利益確定しちゃったりとか、ポンドドルを1.8480で売りエントリーしたのに建値で決済しちゃったとか、惜しいトレードが山のようにあります。

上に書いた一番大きく取れたポンドドルも、利益確定してから800pips近く落ちているんですよね。まだ保有し続けていたら、今頃どれくらい利益になっているやら・・・。

今日はとりあえず、今月のトレードの一人反省会をしようと思います(^^;


スポンサーサイト


クロス円の下落とラウンディング

昨日は帰りが遅く、バタバタしていて相場を見ずに寝てしまったので、朝から相場をチェックしています(^^;

ドル円はまだレンジの下限だと思いますが、クロス円がちょっと下がったみたいですね。
クロス円の動向をみるときは、ユーロ円をチェックするといい、というのを聞いたことがあります。
円絡みでインターバンクで直接取引されている通貨ペアは、ドル円とユーロ円だけだそうです。他の通貨ペアは、ドル円と合成して取引されることがほとんどらしいので、そのせいなのかもしれません。

EURJPN_day_20080828.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。
昨日までは綺麗なラウンディング・ボトム(なべ底)で反発が期待できたのですが、今日の下げでちょっと形が崩れています。まだ完全に崩れたわけではないと思いますが・・・。
目先は今年の4月14日と5月12日に反転した、158円付近のラインがサポートとして機能するかどうかだと思います。

買いから入る人は、158円付近のサポートでの反転を確認してから、売りから入る人は158円付近のサポート割れか、160円後半から161円まで戻るのを待ってからの戻り売りがいいかもしれません。

EURJPN_week_20080828.gif
画像はユーロ円の週足チャートです。
週末なので、週足もチェックしてみました。
週足で見ると153円から170円のレンジ相場を形成しているようです。
レンジ相場と考えると、今の159.63円というレートはレンジの中央付近ということになり、手を出してはいけない、ということになります。

来週は、豪政策金利&GDPの発表、ユーロ圏&英国政策金利の発表、そして週末には米国雇用統計がありますので、動乱の一週間になるかもしれませんね。

個人的には豪政策金利に注目しています。事前予想は0.25%の利下げのようですが、据え置き予想もあれば、0.5%の利下げ予想もあり、見方が分かれているようです。


<現在の指値>
ドル円 新規買い 2万 108.18(指値)
豪ドルドル 新規売り 2万 0.8480(逆指値)
豪ドル円 新規売り 2万 95.98(指値)
豪ドル円 新規売り 2万 92.80(逆指値)
NZドル円 新規売り 2万 77.80(指値)

指値は週末にまたじっくりとチャートを見て、見直す予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




予想するのではなく対応する

今日もセットした指値はヒットしませんでした。
・・・ポジションを持ってないとつまんないですね(^^;
ドル円は時間足で見ると、108.70-109.90円くらいの小さなレンジに入り込んでいます。私の指値は8月21日の安値を狙っているのですが、なかなかそこまで下がらないかもしれませんね。

さて、昨日、私は為替の分析をしても予想はしません、と書きました。そのことについてご質問をいただいたので、ちょっと詳しく書いてみます。

私の方法は、たとえば「ドル円が上がるだろう」と予想してトレードするのではなく、

「ドル円が上がった場合はこうしよう」
「ドル円が下がった場合はこうしよう」

と、上下に両方に行った場合のシナリオを考え、それに沿って行動する、というものです。


以前に、あるFXのセミナーに参加したことがあります。
そのときの講師はマット今井さんという方でした。有名な人なので、ご存知の方も多いと思います。

そのセミナーでマット今井さんはこんな話を紹介してくれました。

ある日、榊原英資さんから電話がかかってきて、
「今井くん、今度テレビ出演があるんだけど、ドル円は90円まで下がるだろう、って言ってもいいかなあ」
と言われたそうです。

それに対してマット今井さんはこう答えました。
「何を言ってるんですか。こないだ別の番組で、ドル円は80円くらいまで下がるだろう、って、もうおっしゃってたじゃないですか」

セミナーがあったのは、今年の3月くらいだったと記憶しています。ドル円が100円割れしていた時期です。

榊原英資さんは元大蔵省の財務官で「ミスター円」とまで言われた人です。
マット今井さんも17年間無敗のトレーダーです。
そんな人たちでも、ドル急落の時は上に書いたような会話をしていたのです。


相場を予想するのは、非常に難しいと思います。
もちろん相場を的確に予想して、利益を上げている投資家もおられるでしょう。
ただ、私はサラリーマン投資家で、相場に向き合う時間は限られています。
そして、相場を予想する才能も、どうやら持ち合わせてはいないようです。

だからこそ、相場を予想する技術を磨くのではなく、相場に対応する技術を磨こうと思ったのです。上がるか下がるかを予想するのではなく、上がっても下がっても、相場がどちらに動いても、対応できるような投資家になろうと。

今のところ、その試みは上手くいっていませんが(^^;、これからも相場を予想するのではなく、相場に真摯に向き合い、相場に対応する技術をひたむきに磨いていくつもりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




NZドル円がダブル・ボトムになるか?

今日はクロス円は少しだけ円安に動いてるみたいですね。
このまま行けば、ドル円やユーロ円、豪ドル円などは、日足ローソク足が陽線で終わりそうです。

私は普段のスイングトレードでは売り買い関係なしにトレードします。
そのため相場が円高に動こうが、円安に動こうが、まったくかまいません。
個人的には、ドル円が50円になっても150円になってもいいとさえ思っています。

・・・それでもなぜか、為替が円安に動いていると安心します(^^;

為替の世界では、欧州人は自国通貨高を好み、日本人は自国通貨安を好む、と言われるそうですが、私は間違いなく日本人のようです(^^)

さて、昨日セットした指値はまったくヒットしなかったので、このままに置いておくとして、今日は久しぶりにNZドル円の分析をしてみます。

NZDJPN_day_200827a.gif
画像はNZドル円の日足チャートです。
画像を見てもらえれば一目瞭然ですが、前回の安値付近で反発したので、ダブル・ボトムになる可能性があります。ただ、ダブル・ボトムはダブルの真ん中に当たる部分、チャートでいうと20日の78.30円辺りを明確に超えてこないとダブル・ボトムとは言えません。それよりは・・・

NZDJPN_day_200827b.gif
こちらもNZドル円の日足チャートです。
上記のものとまったく同じですが、トレンドラインを書き加えてあります。
NZドルのファンダメンタルズを考慮すると、こちらのようにトレンドラインに上値を抑えられる可能性が高いと思います。

もちろんこれ以外に、78円前半くらいから76円程度のレンジになる可能性もあります。

NZドル円がこの先どう動くのか私には分かりません。
というか、私は為替の分析をしても予想はしません。
上記したように、自分なりの手法ですが分析して、上に行った場合や下に行った場合のシナリオを考え、それに沿ってトレードします。

・・・あまり、利益は上がってないのですが(^^;


<現在の指値>
ドル円 新規買い 2万 108.18(指値)
豪ドルドル 新規売り 2万 0.8480(逆指値)
豪ドル円 新規売り 2万 95.98(指値)
豪ドル円 新規売り 2万 92.80(逆指値)
NZドル円 新規売り 2万 77.80(指値)

せっかく分析したので、NZドル円に売り指値を入れてみました。
もちろん、ダブル・ボトムになったらロスカットする予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




強い通貨と弱い通貨の組み合わせ

ポンドドル、下がってますね...._| ̄|○
昨日の買いポジは仕方ないとしても、売りポジションを保有し続けていれば、って、投資に「たられば」は禁物ですね(^^;

さて、相場はドル高、円高、欧州通貨安、オセアニア通貨安に動いているようです。
こういうときは強い通貨と弱い通貨を組み合わせてトレードするのがセオリーでしょうか。
ま、だからと言って上手くいくとは限らないのですが・・・


<現在の指値>
ドル円 新規買い 2万 108.18(指値)
豪ドルドル 新規売り 2万 0.8480(逆指値)
豪ドル円 新規売り 2万 95.98(指値)
豪ドル円 新規売り 2万 92.80(逆指値)

AUDUSD_day_20080826.gif
画像は豪ドルドルの日足チャートです。
7月15日の高値から考えると1300pips以上下落しているので、ここから売るのは怖い気もしますが、動いた方向についていくということで、0.8500割れに逆指値を設定してみます。

AUDJPN_day_20080826.gif
画像は豪ドル円の日足チャートです。
95.98円の売り指値が戻り売りねらいで、92.80円の売りの逆指値がサポート割れねらいです。

豪ドルは来週の政策金利の発表で、利下げ予測が出ています。
今まで利上げ基調だった豪ドルが、実際に利下げに動けば大きく下落することも考えられますので、しばらくは売りだけをねらってエントリーしてみます。

ただ、相場には、
Buy the Rumor, Sell the Fact.
という格言があるように、実際に利下げされれば逆に動くかもしれませんが(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




マイナススタート

夏休み明けの最初のトレードはマイナススタートになりました。
まずはその詳細から。


<トレード記録>
ポンドドル 新規買い 2万 1.8570 08/22(指値)

ポンドドル 決済売り 2万 1.8479 08/25(逆指値)

損益 -20,021円

ポンドドルは1.8500下抜けたあと、ロスカットを巻き込んで、1.8400まで下がりました。
仕掛けたときにはクロスするかに見えたMACDも、再び下を向いてしまっています。
1.8500付近で下げ止まるかと思っていたのですが・・・


ポンドドル 新規売り 2万 1.8480 08/25(逆指値)

ポンドドル 決済買い 2万 1.8480 08/25(逆指値)

損益 0円

そして1.8500を下抜けで仕掛けた売りポジションも利益がでませんでした(T_T)
昼休みに携帯からレートをチェックしたときは1.8400付近まで下がっていましたので、上手く買いで出た損失を相殺してくれるか、と思っていたのですが、なかなかそう上手くはいかないですね。
建値に設定しなおした逆指値にヒットして、プラマイゼロで終わりました。

このブログを書いている現在、ポンドドルは1.8520付近をうろうろしています。
結果的にはどちらのロスカットも不要だった、ということになるかもしれませんが、必ずロスカットを設定する、というのが私のスイングでのトレード手法なので、この先も何度ロスカットに引っかかっても、鉄の意志を持ってロスカットを置き続ける予定です。


<現在の指値>
ドル円 新規買い 2万 108.18(指値)

ドル円は108円前半のサポートが硬いだろうと思い、買いの指値を入れてみました。
ただドル円の戻りが弱いような気がします。
8月16日には110.62円まで上昇しているのに、今日の高値は110.28円で、前回の高値を超えずに下落に転じています。
あまり気にするほどの数値ではないのかもしれませんが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




レンジ相場の通貨ペア

レンジ相場が好き、という個人投資家の方は多いと思います。
レンジ相場はロスカットや利益確定のポイントが明確で、レンジを抜ければ抜けた方向についていけばいいので、利益を上げやすいと思います。
(本職のディーラーさんにとっては、レンジ相場ほどつまらないものはないそうですが(^^):

EURGBP_day_20080824.gif
画像はユーロポンドの日足チャートです。

ここ最近は0.7800 - 0.8000のレンジ相場になっています。
ユーロとポンドはファンダメンタルズ的には、以前は圧倒的にユーロが強かったのですが、今は似たり寄ったりと言っていいでしょう。
どちらも欧州通貨で金利も近いことから、レンジ相場を形成しているようです。

FX本を読んでいると、得意な通貨ペアを作ってそれに絞ってトレードしたほうがいい、とよく書いてあります。
それはそれで真実だと思いますが、得意な相場のときのみトレードする、という方法もいいのではないかと思っています。

レンジ相場を形成している通貨ペアを探して、レンジの間だけトレードする、というのもいいかもしれませんね。

ちなみに私もレンジ相場は好きなのですが、ユーロポンドは利用しているFX会社が取り扱っていないので、トレードできないでいます(^^;。チャートだけはチェックしているのですが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ランド円の詳細と逆指値

私はスワップ目的でランド円のポジションを持っています。
以下は、そのポジションの詳細です(^^;

16.22 1万
16.18 1万
16.08 1万
15.98 1万
15.88 1万
15.68 1万
15.48 1万
15.12 1万

合計で8万ランドを保有しています。
昨日のランド円の終値が14.29ですので、見事なくらい為替差益がプラス
になっているポジションがない
ですね(^^;

実は過去に12円台や13円台でポジションを持ったことがあります。
先月も13.98円台でポジションを持ちました。
そのポジションは建値に設定した逆指値に引っかかり、一週間ほどで消え
てしまいましたが。

スワップ目的の運用をしている人でも、ポジションに逆指値を設定するかど
うかは意見が分かれるようです。

必ず逆指値を入れる人もいれば、レバレッジを見ながら設定する人もいま
す。私の場合はレートが建値を上回ったときのみ建値に逆指値を設定
します。

たとえば、ランド円だと、14.00円で建てたポジが14.50円くらいになったら逆
指値を14.10円くらいに設定します。建値より10銭上に設定するのはスリッ
プしたときのことを考慮してそうしています。

私は去年、ランド円で17円台や16円台のポジションをたくさん持っていまし
た。17円台のポジにはすべて逆指値を設定していたのですが、16円台前
半や15円台のポジションには、円高がきてもこれくらいまでは戻すだろ
、と何の根拠もないのにそう思い、逆指値を入れませんでした。

その結果、今もポジションを保有し続けるハメになっています。
これらのポジションにも逆指値を設定していれば、ランド円が11円台や12
円台だったときにはレバレッジに余裕があったでしょうから、もっと安値で
ポジションを追加できたのですが・・・。

まあ、嘆いていても仕方がないので(^^;、反省はしても後悔はせず、今後
も逆指値を置きながら、地道にスワップ口座を育てていこうと思っていま
す。


<スワップ口座>
ランド円 8万 平均レート 15.83円
累積スワップ 113,051円
為替損益 -130,000円


損益 -16,949円

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




VIX指数とポンドドル

バーナンキ発言の影響なのか、NYダウが急騰、クロス円も円安に動いて
いますね。恐怖指数と言われるVIX指数も下がっています。

VIX_day_20080824.gif
画像はVIX指数の日足チャートです。
下落トレンドが続いています。MACDも下向きですし、このチャートをみる限
りでは、しばらくは大きな円高は来ないのかもしれません。


<現在のポジション>
ポンドドル 新規買い 2万 1.8570 08/22(指値)

ポンドドルは夕方くらいに約定メールが携帯に届き、上手く拾えたか、と思っ
ていたのですが、そんなことはないですね(^^;
帰宅してからチャートを見ると、昨日の安値を切ってきており、あまりいい状
況ではありません。

1.8500を明確に切ってきた時点でロスカットする予定ですが、ここを切って
くると大きく下がりそう
ですので、ドテン売りを仕掛けてみます。


<現在の指値>
ポンドドル 新規売り 2万 1.8480(逆指値)

GBPUSD_week_20080823.gif
画像はポンドドルの週足チャートです。
週足ローソク足は陰線ですし、ADXでも明確に下落トレンドです。

ただ、陰線のサイズは小さくなってますし、移動平均乖離率も前回反転した
ところまで来ています。トレンドラインの下限に来ていることもあり、そろそろ
反発があってもよさそうです。

でも、今ポンドを買うなら、ポンドドルよりもポンド円のほうがいいでしょう
ね。ドル円が堅調なので、ポンドドルが下がっても、クロス円であるポンド円
はあまり下がらないでしょうから。

いや、そもそも指標が悪く、下落トレンドにあるポンドを買ってはいけないの
かもしれませんが(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドル円は微妙な位置?

夏休みも終わって、自分なりにチャートとにらめっこしているのですが・・・。
ドル円は微妙な位置にいるような気がします。

USDJPN_day_20080822.gif
画像はドル円の日足チャートです。
108円のミドルは過去半年間、超えられなかった値なので、今度はここが
サポートになる可能性があります。

トレンドラインは3本引っ張ってみました。
108円のミドルはサポートである紫色のトレンドライン付近にあります。
ここで買ってもよさそうですが、緑色のトレンドラインまで下がるのか様子
を見てもよさそうです。

さらに慎重を期すなら、トレンドラインで反発するかどうかを確認してか
らエントリーする
のが、もっとも安全だと思います。
(というか、こちらのほうが王道なのですが(^^;)

上昇トレンドはまだ継続中だと思いますが、今日、このまま引ければ
MACDが売りサインになるので要注意、という感じでしょうか。


<現在の指値>
ポンドドル 新規買い 2万 1.8570 (指値)

指値はポンドドルに入れてみました。
GBPUSD_day_20080822.gif
画像はポンドドルの日足チャートです。
RSIが底値圏から反発し、MACDでも反発の兆しが見えます。
1.8500を割れたらロスカット、1.9000付近での利益確定を考えています。

他にユーロドルや豪ドルドルでも同じようなチャートの形になっています。
一時的なショートカバーだとは思いますが、原油価格が上昇しているので、
意外に大きく戻すかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




FXで利益を上げる方法

一週間の夏休みも終わり、今日からトレード再開、のつもりだったのです
が、まだ相場の状況がよく把握できていないので、今日はFXの小話を(^^;

私はFXを始めてから、FXに関するセミナーに十数回、参加しました。
以下は過去に参加したあるセミナーで聞いた話です。

そのセミナーはあるFX会社のチーフステトラジストという肩書きの方が講
師でした。セミナー内容はファンダメンタルズ分析やテクニカル分析、現
在の相場状況や将来の相場見通しなどでした。

そして、最後に講師の方は、
「どうしてもFXで利益の上げられない方は、今から言う方法を試して
みてください」
と前置きして、次のようなことを話されました。


エントリーして(ポジションを持って)から、上がるか下がるか、確率は
50%です。

利益確定とロスカットを同じ値幅に設定してください。
そうすれば、どちらにヒットする確率もやはり50%になります。

一時的には利益確定かロスカットが続くときもありますが、エントリー回数
が増えれば増えるほど、現実のトレードの勝率も50%に限りなく近づいて
いくことになります。

つまり、スプレッドと手数料を無視すれば、資金は増えも減りもしない状況
になるのです。

後は簡単です。テクニカル分析でもファンダメンタルズ分析でも何でもいい
ので、それらを学んで、ちょっとでも勝率を上げていけばいいのです。

60%、いや、55%でもいいので、勝率が上がれば、それだけで貴方はFX
で資産を増やすことができます。



私はこの話を聞いたとき、あ、そんな考え方もありか、と思いました。

FXで勝つ方法は「損小利大」とよく言われます。
私もそのセミナーに参加するまではずっとそう思っていました。
ただ、「損小利大」のトレードを実践するのが難しいのも事実です。

それならば、エントリーしてから上がるか下がるかは50%の確率、と割り
切って、利益確定とロスカットを同じ値幅に設定し、勝率だけを上げて
いく
、というのもおもしろい戦術なのかもしれません。

ちなみに、プロのディーラーは、勝率が60%あれば優秀なディーラー
で、70%あれば神様
、だそうです。
(もっとも、別のセミナーでは、プロのディーラーは勝率はまったく気にせず
利益率のみを追求する、という話でしたが(^^;)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ポンド急落・・・と思えば、さて!?

今日のブログは「ポンド急落」というタイトルにしようかと思ったのですが・・・
急速に戻してますね(^^;
まあ、ショートカバーだと思うのですが、NZドルや豪ドルなどのオセアニア
通貨も戻しているので、クロス円の下落も一段落したのかもしれません。

NZDJPN_day_200813.gif
画像はNZドル円の日足チャートです。
今日の安値は73.95円ですので、去年の8月につけた74.24円を下回ってい
ます。通常なら、ここでストップロスを巻き込んで急落、2006年5月の安値
ある67.82円を目指す展開になると思うのですが・・・。

現在のレートは76円台後半です。
日足ローソク足では大きな下ひげ陽線です。
底値圏で出ると買いサインと言われるローソク足ですね。

NZドル円が戻した理由は分かりません。
ただ、個人投資家にできることは、相場が動いた理由を探ることではなく、
相場の動きについていくことなので、資金管理なり、ストップロスなりで、
対応していくしかないですね。

ちなみに私は74円割れでエントリーの指値を入れておこうかどうか迷った
のですが、結局、指値は入れませんでした。明日から夏休みなので(^^;
普段なら、間違いなく売りの逆指値を入れておくのですが。


<トレード記録>
ドル円 新規買い 2万 109.68 08/13(成行)

ドル円 決済売り 2万 109.38 08/13(逆指値)

損益 -6,000円

昨日、ブログをアップした後、ドル円が時間足でレンジの下限まで下がっ
てきていたので、成行で買ってみたのですが、朝に起きたらロスカットに
引っかかってました(^^;


豪ドル円 新規売り 3万 95.82 08/13(逆指値)

豪ドル円 決済買い 3万 95.38 08/14(逆指値)

損益 +13,200円

豪ドル円は逆指値での利益確定となりました。
今日の安値は93.14円でしたので、ちょっともったいない気もしますが、
まあ、これは仕方がないですね。


ポンド円 新規買い 2万 204.74 08/14(成行)

ポンド円 決済売り 2万 205.13 08/14(成行)

損益 +8,200円

ブログを書いている途中に、ポンド円が急反騰していたので、飛び乗ってみ
ました。ダメならすぐ損切るつもりだったのですが、そこそこ取ることができ
ました。ポジションの保有期間は3分でした(^^;

私はデイトレはたまにするのですが、保有期間が3分というのは今までで最
短だと思います。記念に取引履歴をアップしておきます(^o^;;;

trade_20080814.gif

個人的なことなのですが、明日から夏休みなので新しい指値は入れていま
せん。夏休み中は久しぶりにチャートを見ずにのんびりと過ごす予定です(^^)

トレードされる人も、夏休みの人も、いい日々が過ごせますように(-人-)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ようやく下げ止まり?

ユーロドルが微妙なラインでうろうろしています。
昨日の終値が1.4907で、このブログを書いている現在が1.4912です。
ようやく下げ止まったのでしょうか?

EURUSD_day_20080812.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。
現在は、去年末から今年の初めにかけてのレンジの上限でうろうろして
います。
7月15日の高値から1,100pips以上落ちているので、もうそろそろ下げ止
まってもよさそうですが・・・。


<トレード記録>
ポンドドル 新規売り 2万 1.9324 08/08(逆指値)

ポンドドル 決済買い 2万 1.9024 08/12(成行)

損益 +66,138円

保有していたポンドドルは悩みましたが決済しました。
議事録まで引っ張るつもりでしたが、ユーロドルが下げ止まりそうなのと、
個人的にもうすぐ夏休みなので(^^;

成行で決済したのですが、ちょうど300pipsになりました。
ポンドがらみだと200-300pipsは取りたいよなあ、といつも思うのですが、
今回はちょうど300pips取れました。


NZドル円 新規売り 2万 76.33 08/12(逆指値)

NZドル円 決済買い 2万 76.87 08/12(逆指値)

損益 -11,400円

NZドル円は夕方くらいに売りの逆指値がヒットしたらしいのですが、仕事
から帰って晩御飯を食べている間にロスカットに引っかかってました(^^;
まあ、ブレイクアウトを狙った逆指値でのエントリーは、こういうこともよく
あるので仕方がないですね。


<現在の指値>
豪ドル円 新規売り 3万 95.82(逆指値)

AUDJPN_day_20080822.gif
画像は豪ドル円の日足チャートです。
96円を明確に割り込んだらエントリーする予定です。
豪ドル円も高値から8.5円近く下落しているので、そろそろショートカバー
がありそうな気もしますが、戻したら戻したでまた戻り売りを狙います(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




埋めない窓はない

今日は朝にユーロ円で売りの指値を入れて出勤しました。

EURJPN_day_20080811.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。
7月16日のローソク足の下ひげ部分をブレイクしたら売りでエントリーし
ようと思い、164.80円に売りの逆指値を入れました。

7月16日の安値は165.30円付近ですが、逆指値を164.80円と少し離したの
は、165円の大台割れで心理的な投売り&ロスカットを巻き込んだ下げ、
が出るかと思ったからです。

会社に着く前くらいには逆指値の約定メールが携帯に届き、いい感じで下
がっていたので、今度はロスカットの逆指値を建値に設定しなおしたのです
が・・・。

昼休みにはその逆指値に引っかかってしまいました...._| ̄|○


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 2万 164.80 08/11(逆指値)

ユーロ円 決済買い 2万 164.80 08/11(逆指値)

損益 0円

我ながら、エントリーのタイミングは良かったと思うのですが、逆指値のロス
カットを引き上げるのが早すぎました。
まさか窓を埋めに行くとは・・・

株式投資などで「埋めない窓はない」とよく言われますが、真実なのかもし
れませんね。

ユーロ円は個人的には、5月末から6月初めのうちにもみ合った162円か、
チャートに書き込んだ159円前後まで下がると考えています。


<現在のポジション>
ポンドドル 新規売り 2万 1.9324 08/08(逆指値)

ポンドドルはいい感じで利益が乗っているのですが、今日のローソク足が
十字線になっているのが気になります。
ちなみに株式投資では、大きく下落した後の十字線は反転の兆し、と
言われています。

まあ、海外の投資家はローソク足などは見てないでしょうから、関係ない
かもしれませんが(^^;


<現在の指値>
NZドル円 新規売り 2万 76.33(逆指値)

NZドル円は8日の安値である76.53円を明確に割り込んだところに逆指値
を設定してみました。そろそろ反発があってもおかしくないよなあ、と思い
つつ、ここを下抜ければ大きな下げになるかも、という迷いながらの指値
なので、外れたらすぐに逃げる予定です(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ちょっといい言葉 その2

今日はFXはちょっと一休みです(^^;
私が書きとめた言葉が、読まれた方の何かの役に立てばいいなあ、と思いつつ・・・


「チャンスはそれを迎える準備ができている者に訪れる」
ルイ・パスツール

「私はあと数年で定年だが、戦場で一発も弾を撃つことなく退官するだろう。
だが、それは正しい生き方なのだ」
ある自衛隊幹部の言葉

「自分一人で石を持ち上げる気がなかったら、二人でも持ち上がらない」
ゲーテ

「男はタフでなければならない。優しくなれなければ生きる資格がない」
フィリップ・マーロウ

「今じゃよ。今が一番幸せじゃ」
「百歳バンザイ!」に出演されていたおばあちゃんの言葉

「人間は負けたら終わりなのではない。やめたら終わりなのだ」
リチャード・M・ニクソン





パリバショックから1年

今から約一年前、去年の8月9日にパリバショックが起こりました。

パリバショックとは、フランスの大手銀行であるBNPパリバが、参加の
三つのヘッジファンドの資産を凍結した事件です。
早い話、サブプライムの影響でファンドが潰れそうだから、返金に応じ
ないよ、と言ったのです。

サブプライムによる円高は7月半ばから始まっていましたが、この日以
降、その勢いは本格化し、8月17日までドル円、クロス円は暴落するこ
とになります。
去年のことなので、まだまだ記憶に新しい方も多いと思います。
私自身も、保有するポジションが次々とロスカットに引っかかって、大き
な損失を出しました。

それ以降、自分のトレードのスタイルを見直し、何とか利益が出せるよ
うになりましたが・・・


さて、去年、あんな大きな円高があったので、
今年も去年のような円高になるのか?
と気になっている投資家の方もおられるかもしれませんが、今年は去
年のような大きな円高にはならないと思います。

先週、クロス円は大きく下げましたが、ドル円は上昇しています。
また、ドルはスイスに対しても大きく上昇しています。避難通貨である
円やスイスが売られているときは、信用収縮は起きていません。

今、起きていることはドル高です。
ドルに対してユーロやオセアニア通貨が大きく売られているのでクロス
円が下がっているだけで、円が積極的に買われているわけではありま
せん。円はドルに対してはユーロなどと同様に売られています。

もちろん「8月は円高」になるというアノマリーもあります。
ただ「サマーラリー」というアノマリーもありますし、サマーラリーの
通りに株高になるのなら、信用収縮の可能性は低くなり、円が買わ
れる理由もなくなります。

去年までは円高になる理由として「円キャリートレードの巻き戻し」と
いうのがありましたが、今はそれも考えられません。
また、日本が継続して政策金利を上げていくような状況になれば、大
きな円高が来ると思いますが、昨今の情勢ではそれもないでしょう。

つまり、円が積極的に買われる(ドルに対しても他の外貨に対しても)
ような状況は信用収縮しか考えられないので、今年は去年のような
大きな円高にはならないと思います。
クロス円の下げも来週中には一段落すると思います。

・・・あくまでも、私個人の考えなので、あまり本気にしないでください
ね(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ドル上昇、クロス円下落

ドル円は上昇していますが、クロス円が大きく下落しています。
これはいうまでもなく、ドルストレートでドルが大きく上昇しているせいです。

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドル、NZドルドル、ドルカナダ、ドルスイス・・・
私がチェックしている全てのドルストレートの通貨ペアでドルが上昇
しています。

いやあ、もうドル買い一色ですね(^^;
今まで、ドル円が上がっているときはクロス円も上昇しているときがほとん
どでした。何しろクロス円というくらいですから・・・。

もしこの先、ユーロ圏やオセアニアが利下げサイクルに入り、先に景気に
配慮して大幅利下げした米国の景気が回復してくると、こういう動きが当
たり前になるのかもしれません・・・。

まあ、今日の動きはちょっとオーバーシュート気味のような気もするので、
少しは戻すと思いますが、安易な買いエントリーはせず、戻りに売りで
エントリーしていこうと思っています。


<トレード記録>
豪ドル円 新規買い 1万 99.56 08/06 (成行)
豪ドル円 新規買い 1万 99.28 08/07 (指値)


豪ドル円 決済売り 2万 98.58 08/08 (逆指値)

損益 16,800円

豪ドル円はロスカットに引っかかりました。
やはり、トレンドに逆らってポジションを取ってはいけませんね。
雇用統計がよかったので、101-102円くらいまでは戻すかと思いました
が、全然戻りませんでした(^^;


ユーロドル 新規売り 2万 1.5260 08/08 (逆指値)

ユーロドル 決済買い 2万 1.5040 08/08 (指値)

損益 47,506円

ユーロドルは保有するか、決済するか、迷ったのですが、1.5000レベルま
で落ちればさすがに少しは反発があるだろう、と思い決済しました。

来週、戻す場面があれば売りでまたエントリーする予定です。


<トレード記録>
ポンドドル 新規買い 2万 1.9378 08/08 (指値)

ポンドドル 決済売り 2万 1.9324 08/08 (逆指値)

損益 11,840円

ポンドドルの買いエントリーは瞬殺トレードに終わりました。
エントリーしてから数時間でロスカットに引っかかりました(^^;
この半年間、サポートとして機能していた1.9350付近のラインがまったくと
言っていいほど機能しませんでした。
ドル買いの勢いは相当強いみたいですね・・・。


<現在のポジション>
ポンドドル 新規売り 2万 1.9324 08/08 (逆指値)

ポンドドルの売りは現時点で3万円弱の利益が乗っていますが、利益確定
せず、もう少し保有します。20日公開の議事録で利上げに賛成した委員が
いなければ、さらに下落すると予想しています。
もちろん、逆のパターンも考えられますので、ストップを入れつつ議事録の
公開を待ちます。

昨日まで入れていた、169円台のユーロ円の売り指値は取り消しました。
少しレートが離れてしまったので・・・。

新しい指値は週末に設定せずに、来週以降もこの流れが続くのかどうか
確認しつつ入れていく予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




VIX指数とユーロの下落

今日は久しぶりにVIX指数(恐怖指数)を取り上げてみます。

VIX_day_20080807.gif
画像はVIX指数の日足チャートです。
高値は下値ともに切り下がっており、明快な下落トレンドに見えます。
MACDも0ラインを下抜けてきました。

VIX指数が低下=円を買う理由がない、ということになりますが・・・。


さて、今日はBOE、ECBの政策金利の発表がありました。
BOEは政策金利に変更がないと、いつも会見も声明文の発表も何もな
いので、20日に公開される議事録の内容が出るまで動意のない展開に
なりそうです。

ECBも金利据え置きだったのですが、トリシェ総裁が会見でユーロ圏の
景気減速を認める発言をしたので、対ドル、対円で大きく下げていま
す。

特にユーロドルは節目となる1.5400を下抜けてきました。
後は5月8日の安値の1.5283を下抜けてくるかどうかだと思います。
下抜けてくれば、予定通り逆指値でエントリーする予定です。


<トレード記録>
ユーロ円 新規売り 2万 169.28 08/07(指値)

ユーロ円 決済買い 2万 168.28 08/07(逆指値)

損益 20,000円

朝方に169.58円だと指値が届かないかな、と思い少し指値を引き下げま
した。それがうまくヒットしてくれたようです。
ただ現時点でユーロ円は167円台まで落ちてきていますので、また利益
確定が早かったようです...._| ̄|○


<現在のポジション>
豪ドル円 新規買い 1万 99.56 08/06(成行)
豪ドル円 新規買い 1万 99.28 08/07(指値)

豪雇用統計は予想よりも良かったようで一時は100円台近くまで上昇し
ました。ただ、現在は99円台前半まで落ちてきています。
やはりトレンドが下向きの通貨は、いい指標がでてもなかなか戻らない
ものなのかもしれません。

まあ、5日の安値である98.74円を切るまでは保有する予定です。


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 2万 169.28 (指値)
ユーロドル 新規売り 2万 1.5260 (逆指値)
ポンドドル 新規買い 2万 1.9378 (指値)
ポンドドル 新規売り 2万 1.9324 (逆指値)


久しぶりにポンドドルに指値を入れてみました。
GBPUSD_day_20080808.gif
画像はポンドドルの日足チャートです。
今年に入ってから、1.9340-1.9400くらいで何度も下ひげをつけ反転してい
ますので、サポートとして機能しそうです。

ただ、堅いと予想されていたサポートを下抜けると急落に繋がる可能性も
ありますので、逆指値で売りのエントリーも設定してみました。

買い指値がヒット

サポートが効かず下落

ロスカット

売り指値がヒット

ショートカバーで戻す

ロスカット(T_T)

という往復ビンタが怖いのですが、怖がっていてもトレードが出来ません
ので、淡々と指値を入れていくことにします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




逆指値でのエントリー

ドル円が109円を超えてきました。このブログを書いている現在のドル円
レートは109円半ばで堅調推移しています。

FOMCでの政策金利発表のあと、材料出尽くしで、ドル円は下げるかと
思っていたのですが(^^;・・・まだまだドル上昇の勢いは続くのかもしれま
せん。

さて、一昨日のブログで豪ドル円は戻り売り狙いと書いたのですが・・・
買ってみました(^-^;


<現在のポジション>
豪ドル円 新規買い 1万 99.56 08/06(成行)

豪ドルドルはいろんなサポートを突っ切って下げてきているので、怖くて
とても買えないのですが、豪ドル円は少し戻りがあるかなと思い試し買
いしてみました。

豪ドル円はいわゆるクロス円です。
豪ドルドルが下げても、ドル円が上がればあまり下がらないという
計算になります。

それなら素直にドル円を買えばいいじゃないか、と言われそうですが、
ドル円に乗り遅れてしまったので(^^;

USDJPN_8hour_20080807.gif
画像はドル円の8時間足チャートです。
ドル円はずっと108円半ばで頭を抑えられてきました。
そこを超えればストップロスを巻き込んで109円台に乗るだろうなあと
思っていました。実は昨夜、108.80円に逆指値での買いを一度は入れ
たのですが・・・どうも高値で買うというのが怖くて指値を消してしまいま
した。

いやあ、我ながらチキンですね(^^;


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 2万 169.58 (指値)
豪ドル円 新規買い 1万 99.28 (指値)
ユーロドル 新規売り 2万 1.5260 (逆指値)

昨日の豪ドルドルは指値を取り消し、ユーロ円は指値を調整しました。
豪ドル円は明日(7日)10:30に発表の豪雇用統計の結果次第では急
落する可能性もあります
が、指標なんてものは結果が出るまで分か
らないし、まあ、その時間に仕事をしている身分としては、ストップをい
れつつトレードするしかないですね。

ユーロドルは逆指値の順張りに挑戦してみます。
EURUSD_day_20080807.gif
画像はユーロドルの日足チャートです。
終値ベースでみると1.5400-1.6000のレンジ相場になっています。

レンジ相場のトレードは、レンジの上限で買い、レンジの下限で売り、
レンジの半ばでは様子見、レンジ抜けで抜けた方向にポジションを持つ、
というのが教科書的なトレードだと言われています。

今のユーロドルにこれを当てはめてみると、

1.6000上抜け→買いエントリー
1.6000付近 →売りエントリー
1.5400付近 →買いエントリー
1.5400下抜け→売りエントリー


となります。

最近のユーロ圏の指標を考えると、1.5400を下抜けてくることはありそう
な気がします。もちろん、8日のECBでの声明文次第で大きく左右される
でしょうが・・・。

とりあえず、レンジをしっかりと下抜けたと思えるレートに逆指値を設定
してみました。どうなりますことやら・・・(^^;

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




円はあまり関係ない

注目していた豪政策金利発表は予想通りの据え置きだったのですが、
その後の声明文が利下げを匂わす内容だったため大きく下げました。

個人的にはインフレを収めるために、そういうハト派的な声明文は出な
いかなあと思っていたのですが(^^;

今日は豪ドル円も含めて、クロス円は全般的に下げていますが、大き
な下落にはつながらないと思います。
今日の相場は円高ではなく、ドル高ですね。

ユーロ、ポンドの欧州勢が安く、オセアニアも弱い。
原油価格が下落しているのでドルが上がり、円はあまり関係ない、と
言った感じでしょうか。

そのため売りをかけるなら、対円のペアではなく対ドルのペアの方が
いいかと思います。私自身も素直にそれに乗ってトレードしてみました。
いつもは戻り売りを狙うのですが、仕事から帰宅して、チャートを見たら
豪ドルドルが急落していたので、ついそれに飛び乗った次第です(^^;


<トレード記録>
豪ドルドル 新規売り 2万 0.9172 08/04(成行)

豪ドルドル 決済買い 2万 0.9148 08/04(成行)

損益 +5,196円


もうすぐFOMCの政策金利の発表があるので、早めに手仕舞いしま
した。

そのFOMCでは政策金利は据え置きでほぼ間違いないと思います。
注目はやはり声明文です。

個人的には利上げを匂わすような発言は出ず、ドルは再び下落する
と予想しています。いや、下落というよりはここ最近のドルの強さを考
えると調整といったくらいでしょうか。


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 1万 169.08 (指値)
ユーロ円 新規売り 1万 169.58 (指値)
豪ドルドル 新規売り 2万 0.9324 (指値)


ユーロ円は指値がちょっと遠くなりましたが、もう少し様子をみます。
豪ドルドルは戻り売り狙いです。移動平均乖離率やRSIを見ても、
ちょっと下げすぎの気がするのでショートカバーで戻りがあるのでは、
と予想しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




豪ドルの行方

今週は政策金利発表が相次ぎますね。

5日 13:00 豪 RBA
6日 03:15 米 FOMC
7日 20:00 英 BOE
8日 20:45 欧 ECB


どれも据え置きが有力視されています。
となると、注目はやはり金利発表後の声明文でしょうか。
なかでも、個人的に気になるのは豪RBAの声明文です。

先日、豪のラッド首相が利下げを期待するような発言をしましたが、政府
側から利下げを期待する発言がでるのは良くあること
なのであまり
気にしなくていいでしょう。
日本でも「上げ潮派」の中川秀直氏がよく同様の発言をしていました。
(最近はインフレ傾向なこともあってさすがにしていませんが)

問題はRBAのスティーブンス総裁が本当に利下げを考えているか
どうか
、ですね。

先月の16日、スティーブンス総裁は講演で、

米・英と同じような困難に直面するとは予想していない
インフレ率は2010年半ばまでに3%に低下するだろう
インフレ率が低下する前に、政策金利を引き下げる可能性がある

と発言しています。

豪の第1四半期のインフレ率は4.2%でした。
これは17年ぶり高水準で、2-3%のインフレターゲットを導入しているRBA
の予測を大幅に上回っています。

このことを考えればすぐに利下げに動くとは考えられません。
ただ、このところ原油価格が下落していることを考えると、インフレ率が
RBAが予測している2010年半ばよりも早く低下する可能性もあります。

また、一般的な話として、景気が低迷すれば、ものが売れなくなりイン
フレ率の低下につながります。中国経済の減速にともなって、豪の対中
輸出も激減しており、オセアニア経済の景気も確実に悪化してきて
いる
と考えてよさそうです。


今日はファンダメンタルズのことを書きましたが、実は私は投資するとき、
ファンダメンタルズはあまり重視しません(^^;
ただ、まったく無視するのではなく、頭の隅っこに入れておくくらいのこ
とはします。

豪ドル円はテクニカル的にも売りサインのオンパレードなので、明日の
声明文をチェックしてから、売りでエントリーしていく予定です。

個人的には、
政策金利据え置き→豪ドル上昇→102-103円くらいで戻り売りエントリー
というシナリオを描いているのですが、どうなりますことやら・・・(^-^;


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 1万 169.08 (指値)
ユーロ円 新規売り 1万 169.58 (指値)


EURJPN_day_20080804.gif
画像はユーロ円の日足チャートです。
あまり綺麗な形ではありませんが、166円から169円後半のレンジ相場に
見えます。レンジの上限付近での売り指値を入れてみました。170円乗せ
でロスカット、166円付近で利益確定の予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




売りと買い、どちらが儲かる?

この記事のタイトルだけで、どちらが儲かるのか、わかった方には
最後まで読む必要はありません。
つまり、初心者向けの話です。
いや、私自身、まだまだ初心者の域をでていないのですが(^^;

過去にFXのセミナーに参加したことがあります。
そのセミナーの講師は、元銀行の為替ディーラーさんでした。
セミナーは順調に進み、最後に参加者による質問コーナーがあ
りました。

「クロス円のトレードで売りと買いではどちらが儲かりますか?」
というセミナー参加者の質問に対して、講師の元ディーラーさんは
即答しました。

「売りです」

理由は簡単です。
上がるのはゆっくりだが、下がるのは一瞬だ、だからだそうです。
去年の8月のサブプライム問題による下げを経験した人には、この
言葉はすぐに理解してもらえると思います。

株式投資にも「天井三日、底百日」という言葉があります。

クロス円も上昇するときは時間はかかるが、下がるときは急激に
下がることがほとんどです。もちろんそうでないときもあります
が・・・。

FXを始めてから、いろんなFX関連のブログを読むようになりまし
た。その中である女性の方がブログでこんなことをかかれていま
した。

「スワップがマイナスになるポジションは絶対に持ちたくない」

もちろんそれもいいと思います。
私自身、スワップ目的の、資金管理を徹底した低レバレッジ運用
なら、負けることはないと思っていますから・・・。


この先、円高になるか円安になるか私には分かりません。
ただ、去年の8月や今年の3月のようにクロス円が大きく下げると
きが必ずくるでしょう。

そのときに、少しでもいいから頭の隅っこっで、売りで入ってみ
ようかなあ、と考えていただければと思います。試しに取った売
りポジションで、大きな利益を上げられるかもしれません。

スワップを払う、ということに抵抗がある方は、外貨を売って円
を買うと考えればいいと思います。自国通貨を買うのですから、
これほど安全なことはありません。

北京オリンピックで自国の日本を応援するように、年に何度かの
円高のときがきたら、たまには円を買って、円を応援してもいい
のではないでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




円高時の対処方法

スワップ目的の運用をしていて一番困るのが、保有ペアが下落し、為替
差益がマイナスになったときだと思います。

いわゆる円高のときですね。いや、最近はドルも金利が2%ですから対ド
ルで通貨ペアを選んで、スワップ運用をしている人も多いようですので、
円高、円安は関係ないかもしれませんが。

まあ、それはともかく、今回は私が考えるスワップ派の円高時の対処方
法を考えてみたいと思います。

対処方法はいくつかあるのですが、今回は両建てについて書きます。

両建てについては良い面と悪い面があり、否定的な方も多いと思います。
スプレッドを無駄に払うことになる点や、売りと買いのスワップ差により、
少しずつですが証拠金が減っていく点、売りポジと買いポジを同時に持つ
ことによって証拠金が多く拘束される点、などがそうです。

でも、円高時の一つの対処方法として、両建てしてもいいと私は考えてい
ます。

以前にも書きましたが、スワップ派にとって一番重要な点は、強制決済に
ならないこと
です。

両建てすれば為替変動による損益の影響がなくなり、強制決済になる
可能性がなくなります。両建てする時点で為替差損があれば、それを固
定することになりますが、強制決済になることを考えれば、差損を抱えた
状態でいったん状況を止めたほうがまだマシでしょう。

さて、スワップ運用で実際に両建てした場合の問題点は二つあります。
ひとつは、両建てした売りポジションをどこではずすか、という点です。

両建てした売りポジションをはずすタイミングは二通り考えられます。

A 建値付近に逆指値をいれてレートが戻ってくるまで待つ
B 売りポジションにある程度利益が乗った時点で決済する

Aの建値付近に逆指値というのは、たとえば豪ドル円を100.00円で売りポ
ジを持って両建てしたとしたら、99.80円付近に逆指値を設定し、相場が
戻ってくるまで待つというものです。

この方法は、売りポジによる為替差益を得ることは出来ませんが、相場
が戻ってきたときに売りポジを決済することになるため、リスクが低いと
言っていいでしょう。最悪、相場が戻らなかった場合でも、売りポジと買
いポジを両方同時に決済してしまえば、最初に抱えた為替差損で相場
を乗り切ることができます。

Bの売りポジにある程度利益が乗った時点で決済というのは、画像で説
明しますね。

AUDJPN_day_20080802.gif
画像は豪ドル円の日足チャートです。
画像を見てもらえれば一目瞭然だと思いますが、底値付近で決済して
為替差益を稼いで、あとはレートが回復するのを待ちます。

この方法は成功すれば、大きく利益を得ることができます。
証拠金に余裕があれば、底値でさらに買いポジションを増やすこともで
きるかと思います。

ただ、底値の判別が難しく下落途中で売りポジションを決済してしまう
可能性があります。それでも、売りポジによる為替差益が入るので、
強制決済になるレートを低くすることができるでしょうから、やる価値は
あります。

さて、もう一つの問題。
それは円高になると予想して両建てしたのに予想に反して円高に
ならなかった時
です。

これはもう売りポジをロスカットするしかありません。両建てした売りポジ
を放置すると、前記したような両建てによるマイナス面を受け続けること
になります。それどころか相場がさらに円安に動けば、売りポジによる
含み損を抱え続ける
ことになります。

両建てするときに最初からIFO注文などで、ロスカットを設定しておくとい
いかもしれませんね。

私が考えるスワップ派による両建ての方法は以上です。
スワップ派の円高時の対処方法については、また機会をつくって書いて
みたいと思います。


<スワップ口座>
ランド円 9万 平均レート 15.63円
累積スワップ 105,655円
為替損益 -76,700円


損益 28,955円


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




オセアニア通貨、一段安

注目の米雇用統計は微妙な結果に終わったようです。
いや、雇用統計はまずまずよかったのですが・・・。

 前回予想結果
米 7月雇用統計-6.2万人 -7.5万人 -5.1万人 
米 7月失業率5.5%5.6%5.7%


雇用統計はマイナスとはいえ予想よりはいい数値ですし、前回の-6.2万人
という数値も-5.1万人に上方修正されています。

失業率が若干悪化したとはいえ、ISM製造業景況指数は予想よりもいい数
値が出てます。ドル円は多少下がっていますが、高値圏でのレンジ内と
言っていいかと思います。ユーロやスイスフランに対してはドルは上がって
いますし。

ただ、クロス円はオセアニア通貨の下落に引きずられたようです。

AUDJPN_week_20080801.gif
画像は豪ドル円の週足です。
今週はまだ終わってないので、ひょっとすると後数時間で切り返す可能性
もあるのですが、まあ週足なので、気にしないことにしましょう(^^;

高値圏で大きな陰線を形成しています。
MACDでも売りサインですし、ボリンジャーバンドもティピカルプライス(セン
ターライン)を下抜け、RSIでも売りサイン目前(あまり知られていませんが
RSIは50を下抜けると売りサイン)です。

もう、売るしかないですね(^^;

豪ドル円の年間移動幅は15円と言われています。
直近の高値が7月21日の104.46円ですから、単純に計算すると89.46円
付近まで下げることが考えられます。もちろん、ここまで下げるかどうかは
分かりませんし、下がるとしても日柄もかかると思います。

ただ、私個人としては来週以降、戻す場面があれば、売りでエントリーし
ていく予定です。


<トレード記録>
カナダ円 新規買い 4万 105.47 07/30 (成行)

カナダ円 決済売り 4万 104.57 08/01(逆指値)

損益 -36,000円

さて、私のトレードは8月初めから、どーんとやられてしまいました(T_T)

カナダ円は現在は105円付近まで戻しています。
今の段階では三角持合が崩れたのかどうかはまだ分かりません。
ドルカナダでも三角持合を形成していますし。

それでも過去三日間の安値を切ったらロスカット、というマイルールが
あるのでロスカットしました。
ロスカットになったのはいつものことなので(^^;、別に気にしていないのです
が、もうひとつのマイルールを破ったことを反省しています。

もう一つのマイルールとは、直近のトレードがロスカットになったら次の
トレードではポジション数を増やさない
、というものです。
7月の成績がいまいちだったこともあって、今回つい枚数を増やしてしまい
ました・・・。

さて、ノーポジになったので、週末にまたじっくりとチャートをみて指値を入
れなおそうと思います。最近、逆張りに限界を感じてきたので、来週からは
逆指値を使った順張りにも挑戦してみようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをしていた
だければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




7月のトレード結果

明日に雇用統計が控えていることもあって、今日はトレードをしませ
んでした。ブログに何を書こうか迷ったのですが、月末ですので今月
の損益を計算してみました。


<7月の損益>
合計 3,663円
(スワップは計算していません)

3,663円の利益って・・・(^^;

豪ドル円を1万ポジ持っていれば、一ヶ月で6,000円弱のスワップが
入ってきますから、スワップ派の人にボロ負けです。いや、私自身
スワップ目的の運用もしているのですが。

スイングトレードで利益を稼いで、スワップ目的の運用に回す、とい
う当初の目的は、今のところ絵に描いた餅で終わりそうです。

それでも、自分なりに分析して、相場と向き合って、少しでも着実に
プラスを積み上げられるように奮闘、努力していこうと思います。

月々の損益がプラスであれば、あとはレバレッジを少しずつ上
げていけば利益は大きくなる
計算ですから。

でも、もうちょっと利益を上げたいですね(´・ω・`)



Appendix

お勧めのFX会社さま

クリック証券【FX】
たろすけのメイン口座
約定率の高さもさることながら、取引ツール「はっちゅう君」が使い安くて重宝しています(^^)

スポンサードリンク



ブログ内検索

Extra

プロフィール

たろすけ

Author:たろすけ
1969年生まれ。関西在住。一児のパパ。プロフィール写真は生後6ヶ月の自分です(^^;
FX歴は2年弱ですが、株式などの他の投資経験が10年以上あります。スイングトレードでまったりと資産を増やすことを目指しています。
コメント、相互リンク、トラバは随時歓迎します(^^)

最近の記事

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。