Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スイス中銀の勇気

あいかわらず午前様の生活で、為替相場は眺めるだけになってしまっているのですが(^^;、今日は驚きました。

ユーロスイスの爆上げ、というか、スイス中央銀行の声明に、ですね。

スイス中銀、ユーロ/スイスフラン相場の下限を1.20フランに設定


下限を1.200フランと明言し、かつ、無制限に外貨を購入する用意がある、と、ここまで言い切ってしまうと、逆に拍手を送りたくなりますね。


自国通貨高を抑制する介入、つまり、「自国通貨売り外貨買い」の介入は理論上は無制限にできます。自国通貨を刷って、それで外貨を買えばいいのですから。

これが逆の「自国通貨買い外貨売り」の介入だと、自国通貨を買うための外貨を用意する必要があるのですが。


つまり、今回のスイス中銀の声明は、はったりではなく(・・・はったりかもしれませんが(^^;)無制限に出来るんだよ、ということを、中央銀行がわざわざ言ったところにある種の凄みを感じます。

日本の要人なら、まずこういう発言はしないでしょうから。

・・・日本の政治家や日銀関係者が、本当に円高を懸念しているのなら、スイス中銀を見習えばいいのに、と考えてしまうのは私だけでしょうか(^^;


スポンサーサイト


いろいろチャートをチェックするも様子見

年末も押し迫ってくると、様子見するのが一番いいのかもしれません。

少なくとも、私はもう様子見モードです(^^;
チャートや為替レートは常にチェックしているのですが、相場の薄いときに無理してトレードする必要はないかと(^▽^;


チャートを見ていてちょっと気になるのはユーロスイスでしょうか。

年初来安値を明確に更新しています。
ユーロのソブリンリスクは収まりつつある、と考えていたのですが、先日のアイルランドの格下げ以来、ずっと軟調に推移していることを考えると、この問題は思ったより根深いものなのかもしれませんね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




下げ止まらないユーロスイス

いやあ、先週末に私が手仕舞いした豪ドルドル、上昇してますねえ(T_T)

豪ドルドルが上昇している、となるとドル売りの流れかと思いましたが、ユーロドルを見ると、高値も安値も更新しているので、方向感のない動き、と言ったほうが正解でしょうか。


EURCHF_day_20100621.gif
画像はユーロスイスの日足チャートです。
表示期間は1年間です。

特にラインとかは引いてないのですが・・・下げ止まらないですね。
レンジ相場を形成していたときの下値が1.5000付近でしたから、そこから1300pips下げていることになります。

SNBは先週の声明で、対ユーロのスイス高阻止の文言を削除しましたし、この通貨ペアでは戻り売りが無難でしょうか。


ドル円は三角保ち合いを下に抜けたかと思いましたが、また保ち合いの中に戻ってきてますね。
なかなかやっかいな通貨ペアですな(^-^;

週初めですし、今日は様子見することにします。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ユーロスイスの底は近いか?

以前、私はよくユーロスイスのトレードしていましたが、1.5000を下に抜けてからは下値の目処が分からないため、トレードすることを避けていました。

その後、ユーロスイスは1.4720まで続落していましたが、11日にスイス国立銀行の総裁の発言が伝わり反発しています。

スイス中銀新総裁:「過度な」フラン高抑制に向けた市場介入続ける


ニュースを読んでみると、ヒルデブラント総裁は今年からSNBの新総裁に就任されたそうです。
新総裁になってもユーロに対するスイス高を阻止する、という決意の表明なのでしょう。

ただ、ヒルデブラント総裁は、為替レートの目標を設定していない、とも発言したため、ユーロスイスの反発は小幅に終わっています。


EURCHF_day_20100112.gif
画像はユーロスイスの日足チャートです。表示期間は1年間です。

RSIがややダイバージェンス気味に推移しています。また、チャートにはありませんが、信頼性が高いと言われる週足RSIが安値圏で推移しています。

ADXは高値圏で横ばいになっていますので、下降トレンドの勢いに陰りが出てきたことを示唆しています。

この辺から買い下がってもおもしろいなあ、と思いつつ、買い下がりは自分のスタイルではないので止めておきます(^^;

過去のユーロスイスのレンジを大きく取って、1.5000 - 1.5400と仮定すると、レンジ幅の分だけ下げることが考えられますので、目標値はざっくりと1.4600付近になります。昨年3月の安値が1.4575付近ですので、意外と信憑性のある数字かもしれません。


<現在の指値>
ユーロ円 新規売り 2万 133.47(逆指値)

この逆指値は短期トレード用です。朝までに約定しなければ取り消す予定です。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




ふたたびユーロスイスのロング狙い

今日は休日なので、朝から相場を見ていますが、あまり値動きはないようですね。やはり値動きが本格化するのは欧州時間からでしょうか。


EURCHF_day_20090921.gif
画像はユーロスイスの日足チャートです。
私はいつもボリンジャーバンドを表示させているのですが、今回は移動平均線が分かりやすいように消してみました。

200日移動平均線がサポートとして機能しているようです。

移動平均線が下向きのときは売りから入る、というのが教科書的には正しいのですが、

・7月9日、及び、9月14日の安値である1.5100台で反転していること
・SNB(スイス国立銀行)がスイスフラン高を嫌い為替介入を繰り返していること

などから、今回も200日移動平均線前後での買いエントリーを狙ってみます。


<現在の指値>
ユーロスイス 新規買い 2万 1.5118(指値)

ちなみにSNBはドルスイスの為替レートではなく、あくまでもユーロスイスの為替レートに注目しているようです。複数の経済ニュースがそのことを示唆しています。

スイス中銀が金利据え置き、非伝統的政策も継続


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
この記事が少しでも参考になったと思われた方は、応援クリックをいただければ幸いですm(_ _)m

  にほんブログ村 為替ブログへ b_04.gif




Appendix

お勧めのFX会社さま

クリック証券【FX】
たろすけのメイン口座
約定率の高さもさることながら、取引ツール「はっちゅう君」が使い安くて重宝しています(^^)

スポンサードリンク



ブログ内検索

Extra

プロフィール

たろすけ

Author:たろすけ
1969年生まれ。関西在住。一児のパパ。プロフィール写真は生後6ヶ月の自分です(^^;
FX歴は2年弱ですが、株式などの他の投資経験が10年以上あります。スイングトレードでまったりと資産を増やすことを目指しています。
コメント、相互リンク、トラバは随時歓迎します(^^)

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。